サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

寸法: account

このトピックでは、 Analytics API account 寸法。 の account ディメンションは、アカウントの全体的な分析データを取得するために使用されます。

URLパラメータ

Analytics API レポートは、次のURLパラメータをサポートしています。

URLパラメータ
パラメーター 説明 必須 バリュー デフォルト
account レポートするアカウント はい カンマ区切りのリストとしてのXNUMXつ以上のアカウントID なし
dimensions レポートするディメンション はい コンマ区切りのリストとしてのXNUMXつ以上のディメンション(一部の組み合わせは無効です) なし
where レポートのフィルターを指定するために使用されます いいえ {dimension} == {value}-セミコロンで区切られたリストとしてのXNUMXつ以上 なし
limit 返品するアイテムの数 いいえ 正の整数 10
offset スキップするアイテムの数 いいえ 正の整数 0
sort アイテムを並べ替えるためのフィールド いいえ リクエストの有効なフィールド video_view
fields 返すフィールド いいえ レポートするディメンションによって異なります video_view
format 結果を返す形式 いいえ json | csv | xlxs JSON
reconciled 含まれている場合、結果を履歴データまたはリアルタイムデータに制限します いいえ 本当| 偽 true
from リクエストの日付範囲の始まり いいえ ISO 8601の日付(YYYY-MM-DD)、ミリ秒単位のエポック時間、文字列alltime、または相対日付(-1m)。 エンゲージメントエンドポイント、またはreconciled = falseの場合、過去32日以内の日付のみが許可されます。 今から30日前
to リクエストの日付範囲の終わり いいえ ISO 8601の日付(YYYY-MM-DD)、ミリ秒単位のエポック時間、現在の文字列、または相対データ(+ 7d)。 エンゲージメントエンドポイント、またはreconciled = falseの場合、過去32日以内の日付のみが許可されます。

利用可能なフィールド

次のフィールドがディメンションに対して返されます。

  • account - アカウントID
  • account.name - アカウントの名前
  • active_media - アカウント内のアクティブな動画の数
  • ad_mode_begin -回数 player 広告モードに入った
  • ad_mode_complete -回数 player 完成した広告モード
  • bytes_delivered -クライアントマシンに配信された合計バイト数 player および関連メディア
  • daily_unique_viewers - 1日の平均ユニークユーザー数
  • drm_bytes_packaged - パッケージ化されたDRMバイト数
  • engagement_score - 動画の平均エンゲージメントスコア
  • licenses_served - 提供されたDRMライセンスの数
  • live_seconds_streamed - 配信されたライブストリーミング秒数の合計
  • play_request - 動画の再生が要求された合計回数
  • play_rate - 動画の平均再生率(動画の再生回数/表示回数)
  • player_load -の総数 player 負荷
  • video_engagement_1 - ビデオ期間の1パーセントポイントでの合計再生回数
  • video_engagement_100 - ビデオ期間の100パーセントポイントでの合計再生回数
  • video_engagement_25 - ビデオ期間の25パーセントポイントでの合計再生回数
  • video_engagement_50 - ビデオ期間の50パーセントポイントでの合計再生回数
  • video_engagement_75 - ビデオ期間の75パーセントポイントでの合計再生回数
  • video_impression -動画が読み込まれた合計回数 players
  • video_percent_viewed - すべての動画の再生回数の合計(平均ではなく合計)
  • video_seconds_viewed - すべての動画で閲覧された合計秒数
  • video_view - 動画の再生が開始された合計回数

フィルター値

フィルターとして使用すると、ディメンションを使用して結果を絞り込むことができます。

フィルター値:勘定ディメンションはフィルターとして使用されません。

ディメンションの結合

これでどの次元と組み合わせることができるのか、そしてどのフィールドがその組み合わせに利用できるのかを見るためには、 寸法とフィールド.

リクエストの例

ディメンションリクエスト

    https://analytics.api.brightcove.com/v1/data?accounts=1752604059001&dimensions=account

フィルター要求

    Not applicable

レスポンス

    Response will appear here when you test a request

ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日