サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    JSON / MRSSプレイリストからのフィード

    このサンプルでは、​​次の方法でプレイリストを取得する方法を学習します。 Playback API データからJSONまたはMRSSビデオフィードを生成します。 これは、 CMS APIしかし、 Playback API サーバー側のプロキシ経由でAPIリクエストをルーティングすることなく、純粋なクライアント側のアプリケーションを作成することができます。

    賃貸システムの概要

    これは、Playlist APIを使用してデータを取得する方法の簡単な例です Video Cloud シンジケーションパートナーに渡すことができるJSONまたはMRSSデータとして提示します。

    制限事項

    コンテンツのセキュリティのために、Brightcove APIによって返される動画およびアセットのURLは 署名されましたつまり、短時間(通常は数時間)のトークンが含まれていることを意味しますが、これはアカウント構成によって異なる場合があります。 つまり、このツールで生成されたMRSSコードのURLは、一定期間だけ有効です。

    これは次の2つの方法のいずれかで処理できます。

    • アカウントのメディアURLに添付されたトークンの「存続可能時間」を長くするようにブライトコーブサポートに依頼できます。 値はXNUMX年までの任意の期間に設定できます。 ただし、これはアカウントレベルの設定であり、変更はすべての動画に適用されることに注意してください。
    • また、独自のバージョンのこのアプリを作成して、定期的に新しいバージョンのMRSSフィードを作成することもできます。

    Requirements

    これを自分で構築するには、2つのことが必要です。

    • A Video Cloud 再生リストID Studio
    • あなたのためのポリシーキー Video Cloud アカウントから取得できます Brightcove Player あなたのアカウントや Policy API

    各種オプション

    何らかの機能上の理由からこれを行う必要はありませんが、MRSSコードを見分けて読みやすくするために、 vkBeautify JavaScriptライブラリ。

    残りの部分は、HTMLとJavaScriptの一部です。 それはどのように行うの 以下のセクションをご覧ください。

    フィードジェネレータ

    このサンプルに関連付けられているすべてのコードを このGitHubリポジトリ.

    ペンを見る Playback API:プレイリストからのMRSS ブライトコーブラーニングサービス(@rcrooks1969)上 コードペン.


    16年2020月XNUMX日に最終更新されたページ