サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    プレイリストからのJSON/MRSS フィード

    このサンプルでは、再生 API を使用してプレイリストを取得し、データから JSON または MRSS ビデオフィードを生成する方法を学習します。これは CMS API でも実行できますが、Playback API を使用すると、サーバー側のプロキシを介して API リクエストをルーティングすることなく、純粋なクライアント側アプリを作成できます。

    はじめに

    これは、プレイリスト API を使用して Video Cloud プレイリストのデータを取得し、それをシンジケーションパートナーに渡すことができる JSON または MRSS データとして提示する方法の簡単な例です。

    制約事項

    コンテンツのセキュリティのため、Brightcove API によって返される動画とアセットの URL は署名されています。つまり、トークンには短時間(通常は数時間)が含まれますが、これはアカウント設定によって異なります。つまり、このツールによって生成された MRSS コード内の URL は、一定期間だけ有効です。

    これには次の 2 つの方法のいずれかで対処できます。

    • アカウントのメディア URL に添付されたトークンの「存続期間」を増やすよう、Brightcove サポートに依頼することができます。値は、1 年までの任意の期間に設定できます。ただし、これはアカウントレベルの設定であり、変更はすべての動画に適用されます。
    • または、このアプリの独自のバージョンを作成し、トークンの有効期間内で MRSS フィードの新しいバージョンを定期的に作成することもできます。

    要件

    これを自分で構築するには、2つのものが必要です。

    オプション

    機能上の理由でこれを行う必要はありませんが、MRSS コードを美しくし、読みやすくするために、 VkBeautify JavaScript ライブラリが含まれています。

    残りの部分は、HTMLとJavaScriptの少しです。詳細については、以下のセクションで説明されています。

    フィードジェネレータ

    このサンプルに関連付けられているすべてのコードを、この GitHub リポジトリで検索します

    ペン再生 API を参照してください。CodePen の Brightcove ラーニングサービス ( @rcrooks1969 ) によるプレイリストから MRSS 。