サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

Brightcoveのデフォルトの一括更新 Player

このトピックでは、Brightcoveのデフォルトを更新する方法を学びます Player curl、シェルスクリプト、ターミナルを使用して複数のアカウントから。

概要

このドキュメントに示されているcurlステートメントは、いくつかのアカウントをループして更新するだけです。 Brightcoveデフォルト Player これらのアカウントで希望する Brightcove Player バージョン。 更新および公開を行うために使用されるcurlステートメントの前提条件として、curlステートメントで使用するアクセストークンを取得する方法が示されています。

アクセストークンを取得する

提供するアクセストークンが必要です。 Player 読み書き curlステートメントを使用する予定のすべてのアカウントへのアクセス。 スタジオでは、 管理者 ドロップダウン選択 API認証。 新しいアプリケーションを登録し、希望のアカウントを選択してください。 のために 公開されたBrightcove API 選ぶ Players>読み取り/書き込み.

API認証UI

保存した後、 顧客IDクライアントシークレット.

このプロセスの詳細については、 アクセストークンの作成 の資料をご参照ください。

アクセストークンを取得するには、このサンプルでクライアントIDとクライアントシークレットを使用します。 OAuth API サンプル:アクセストークンを取得する。 アクセストークンは5分だけ有効なので、このサンプルを繰り返し使用する必要があるかもしれません。

カールステートメント

いくつかのファイルを作成し、そこからTerminalからスクリプトを実行するフォルダを作成します。 そのフォルダにという名前のファイルを作成します。 accountList.txtそして、ファイルの中にすべてのものをコピーして貼り付けるだけです。 アカウントID を更新したい Brightcoveデフォルト Player.

それでは、別のファイルを作成しましょう。 bulk-update.sh。 ファイルに次のcurlステートメントを配置します。

#!/bin/bash

#Loop through publisher IDs in accountlist.txt
while read -r ACCOUNTID; do
    echo $ACCOUNTID

    #Update
    curl -X PATCH "https://players.api.brightcove.com/v1/accounts/$ACCOUNTID/players/default/configuration" \
    -H "Authorization: Bearer YOUR_ACCESS_TOKEN_HERE" \
    -H 'Content-Type: application/json' \
    -d '{"player":{"template":{"version":"6.34.3"}}}'

    #Publish
    curl -X POST "https://players.api.brightcove.com/v1/accounts/$ACCOUNTID/players/default/publish" \
    -H "Authorization: Bearer YOUR_ACCESS_TOKEN_HERE" \
    -H 'Content-Type: application/json' \
    -d '{"comment": "Updated to v6"}'

    #Wait 1 second then loop
    sleep 1
done <accountList.txt

もちろん、2つのインスタンスを置き換える必要があります。 YOUR_ACCESS_TOKEN_HERE 実際のアクセストークンを使用します。 アクセストークンを生成してから5分以上経過している場合は、サンプルを再実行して新しいトークンを取得してください。 また、任意のバージョンの player、使用するバージョンを更新するだけで、 6.34.3.

最後に、2つのファイルを含むフォルダー内のTerminalインスタンスを開きます。 スクリプトを実行するには、次のように入力します。

bash ./bulk-update.sh

スクリプトは両方を更新します player バージョン、および公開 player.


ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日