サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

音声のみのコンテンツに関する報告

ビデオライブラリにオーディオのみのコンテンツがある場合は、それらのオーディオのみのビデオだけを表示するレポートを実行すると便利です。 このサンプルではその方法を説明します。

概要

Video Cloud ビデオトラックのないビデオ形式のオーディオのみのコンテンツを使用できます。 ただし、これらの動画に「音声のみ」のフラグが設定されているわけではないため、音声と動画のコンテンツが混在する大規模なライブラリがある場合は、音声のみのコンテンツに関するレポートを作成する方法はわかりません。

レンディションには音声のみであるかどうかを示すプロパティがありますが、これらのプロパティは従来のインジェストシステムまたは動的配信システムを使用してインジェストされたビデオとは異なります。

  • 従来の取り込みビデオの場合、各レンディションには1つの audio_only ブール値であるプロパティ
  • 動的配信動画の場合、各レンディションには media_type に設定されるプロパティ audio or video

ここのサンプルアプリでは、どちらの場合でもチェックする関数を使用します。

        function isAudio(rendition) {
          if (rendition.hasOwnProperty('audio_only') && rendition.audio_only === false) {
            return false;
          } else if (rendition.hasOwnProperty('media_type') && rendition.media_type === 'video') {
            return false;
          }
          return true;
        }

このサンプルに関する注意

  • の動画 Video Cloud 音声のみの表現があるかもしれません。 このサンプルは、 のみ オーディオレンディション、したがってすべてのレンディションをチェックします。 少なくとも1つの音声のみの表現が含まれているコンテンツに関するレポートを作成するようにコードを変更するのは簡単です。 これがサンプルコードに必要な唯一の変更です。

    既存のコード(音声のみのコンテンツを検索するため)

            function processRenditions(video, renditions) {
                var i,
                  iMax = renditions.length,
                  audioRenditions = 0;
                if (video.id === '5831706803001') {}
                // separate renditions by type
                for (i = 0; i < iMax; i++) {
                  if (isAudio(renditions[i])) {
                    audioRenditions++;
                  } else {
                    // if any non-audio renditions, stop
                    break;
                  }
                }
                // check to see if all renditions are audio
                if (audioRenditions === renditions.length) {
                  video.renditionCount = audioRenditions;
                  audiosArray.push(video);
                  return;
                } else {
                  return;
                }
              }

    音声のみの表現を含むコンテンツを識別する機能のバージョン。

            function processRenditions(video, renditions) {
                var i,
                  iMax = renditions.length,
                  audioRenditions = 0;
                if (video.id === '5831706803001') {}
                // separate renditions by type
                for (i = 0; i < iMax; i++) {
                  if (isAudio(renditions[i])) {
                    audioRenditions++;
                  }
                }
                // check to see if any renditions are audio
                if (audioRenditions > renditions.length) {
                  video.renditionCount = audioRenditions;
                  audiosArray.push(video);
                  return;
                } else {
                  return;
                }
              }
  • リモートアセットコンテンツは Studio上ではサポートされていません。 音声のみかどうかを確認します。

資格情報を取得する

使用するには CMS API 適切な資格情報が必要になります。

ほとんどの場合、資格情報を取得する最も簡単な方法は、Studio Admin API認証セクション(アカウントの管理者権限が必要)です。 見る API認証資格情報の管理 詳細については。 ほとんどの場合、あなたはたぶんすべての人 CMS API 操作:

CMS API パーミッション
CMS API パーミッション

必要なアクセス許可がStudioで使用できない場合、または OAuth API、あなたの選択を使用して クライアント資格情報を取得する 下記の文書を参照してください。 いずれのオプションを選択した場合でも、正しい操作権限を要求する必要があります。 cURLまたはPostmanで以下を使用すると、 CMS API:

          "operations": [
            "video-cloud/video/all",
            "video-cloud/playlist/all",
            "video-cloud/sharing-relationships/all",
            "video-cloud/notifications/all"
          ]

音声コンテンツレポート

このサンプルに関連付けられているすべてのコードをこれで見つけます GitHubリポジトリ.

ペンを見る CMS API サンプル:音声コンテンツレポート ブライトコーブラーニングサービス(@rcrooks1969)上 コードペン.

CodePenの使用

上記のCodePenを効果的に使用するためのヒントをいくつか紹介します。

  • プレーヤーの実際の表示を切り替えるには、 Result ボタン。
  • ストリーミングを停止する場合は上部の HTML / CSS / JS ボタンを押して、1つのコードタイプを表示します。
  • ナビゲーションヘッダーの CodePenで編集 右上隅にあるこのCodePenを自分のアカウントにフォークします。
  • このサンプルに関連付けられているすべてのコードをこれで見つけます GitHubリポジトリ.

プロキシコード

このページのサンプルアプリで独自のバージョンを構築するには、独自のプロキシを作成してホストする必要があります。 (Brightcoveラーニングサービスで使用されるプロキシは、Brightcoveドメインからの要求のみを受け入れます。)サンプルプロキシは、使用するものと非常に似ていますが、Brightcove以外のドメインからの要求をブロックするチェックがない場合は、次の場所にあります。 このGitHubリポジトリ。 また、そこでの使用のための基本的な手順や、プロキシの周囲にアプリケーションを構築するためのより詳細なガイドが含まれています。 REST APIの使用.


ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日