サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    S3 での動的取り込みの使用

    このトピックでは、動的取り込み API を使用して Amazon S3 アカウントから動画を取り込む方法を学習します。

    概要

    Dynamic Ingestは、AmazonS3バケットから動画をダウンロードできます。S3コンテンツにアクセスできる場合全員、あなたがする必要があることは何もありません。ただし、コンテンツが保護されている場合は、DynamicIngestが動画にアクセスできるようにするバケットポリシーを追加する必要があります。このドキュメントでは、その方法について説明します。

    S3ポリシーの設定

    Dynamic Ingestが動画にアクセスできるようにポリシーを設定するには、 AWSコンソール。バケットを選択し、[権限]タブを選択して、[バケットポリシー]ボタンをクリックします。最後の行をクリックしますバケットポリシーを追加する。以下は、推奨されるポリシーです。

        {
         "Version": "2012-10-17",
         "Id": "VideoCloudBucketPolicy",
         "Statement": [
           {
             "Sid": "Stmt1295042087538",
             "Effect": "Allow",
             "Principal": {
                 "AWS": "arn:aws:iam::395540211253:root"
             },
             "Action": [
             "s3:GetObjectAcl",
             "s3:GetObject"
             ],
             "Resource": "arn:aws:s3:::MY-BUCKET/*"
           },
           {
             "Sid": "Stmt1295042087538",
             "Effect": "Allow",
             "Principal": {
                 "AWS": "arn:aws:iam::395540211253:root"
             },
             "Action": [
             "s3:GetBucketLocation"
             ],
             "Resource": "arn:aws:s3:::MY-BUCKET"
           }
         ]
         }

    しかありませんあなたがしなければならない1つの変更準備が整う前に、このバケットポリシーに追加します。

    1. 交換MY-BUCKET両方にバケットの名前を付けますResource行。出て/*そのステートメントはバケット内のすべてのファイルに適用されるため、最初のファイルの最後にあります。

    2. オプションで、Action 配列を許可するアクションに置き換えます。VideoCloudが必要とする可能性のある有効なアクションは次のとおりです。

      オブジェクト権限-上記の例の最初のアクション配列

      • s3:GetObject -VideoCloudがバケットからファイルをダウンロードできるようにします
      • s3:GetObjectAcl -VideoCloudがファイルのACL権限を取得できるようにする

      バケットのアクセス許可-上の例の 2 番目のアクション配列

      • s3:GetBucketLocation-Video Cloudがバケットの場所(米国、EU、アジアなど)を取得できるようにします

      VideoCloudには書き込み権限は必要ありません。

    ポリシーには 2 つのステートメントがあることに注意してください。最初のステートメントはバケット内のキーに影響し、2 番目の部分はバケット自体に影響します。

    ポリシーの残りの部分は放置することができ、正常に動作します。Amazon のドキュメントには、バケットポリシーの要素に関する詳細が記載されています。