サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    ダイナミックインジェストをS3で使用する

    このトピックでは、Amazon S3アカウントの動画を Dynamic Ingest API.

    概要

    Dynamic Ingestは、Amazon S3バケットからビデオをダウンロードできます。 S3コンテンツにアクセスできる場合 誰もあなたがする必要があることは何もありません。 ただし、コンテンツが保護されている場合は、Dynamic Ingestが動画にアクセスできるようにバケットポリシーを追加する必要があります。 このドキュメントでは、この方法について説明します。

    S3ポリシーの設定

    Dynamic Ingestが動画にアクセスできるようにポリシーを設定するには、 AWS Console。 バケットを選択し、[アクセス権]タブを選択し、[バケットポリシー]ボタンをクリックします。 最後の行をクリックします バケットポリシーを追加する。 以下は推奨ポリシーです。

        {
         "Version": "2012-10-17",
         "Id": "VideoCloudBucketPolicy",
         "Statement": [
           {
             "Sid": "Stmt1295042087538",
             "Effect": "Allow",
             "Principal": {
                 "AWS": "arn:aws:iam::395540211253:root"
             },
             "Action": [
             "s3:GetObjectAcl",
             "s3:GetObject"
             ],
             "Resource": "arn:aws:s3:::MY-BUCKET/*"
           },
           {
             "Sid": "Stmt1295042087538",
             "Effect": "Allow",
             "Principal": {
                 "AWS": "arn:aws:iam::395540211253:root"
             },
             "Action": [
             "s3:GetBucketLocation"
             ],
             "Resource": "arn:aws:s3:::MY-BUCKET"
           }
         ]
         }

    ただある あなたがしなければならない1つの変更 準備が整う前にこのバケットポリシーに変更してください:

    1. 交換します MY-BUCKET 両方にバケットの名前を付けて Resource 行。 出て /* そのステートメントはバケット内のすべてのファイルに適用されるため、最初のステートメントの最後に。

    2. 必要に応じて、アクション配列を許可するアクションに置き換えます。 有効なアクション Video Cloud 必要があります:

      オブジェクトパーミッション - 上記の例の最初のアクション配列

      • s3:GetObject - 許可する Video Cloud バケットからファイルをダウンロードする
      • s3:GetObjectAcl - 許可する Video Cloud ファイルのACLアクセス権を取得する

      バケットパーミッション - 上記の例の2番目のアクション配列

      • s3:GetBucketLocation - 許可 Video Cloud バケット(米国、EU、アジアなど)の場所を取得する

      Video Cloud 書き込み権限は必要ありません。

    ポリシーには2つのステートメントがあることに注意してください。 最初のステートメントはバケット内のキーに影響し、2番目のステートメントはバケット自体に影響します。

    残りのポリシーは単独で残すことができ、正常に動作します。 Amazonのマニュアルには、 バケットポリシーの要素


    ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日