サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    UGCの戦略

    このトピックでは、使用するための戦略とベストプラクティスを学習します Video Cloud ユーザーが作成したコンテンツ(UGC)をWebの存在と統合します。

    概要

    ユーザー生成コンテンツ(UGC、コンシューマー生成メディア、またはCGM)の操作における重要な問題は、ユーザーからのビデオをユーザーに提供する方法です Video Cloud アカウント。 明らかに、あなたはあなたのウェブサイトにアクセスするすべての人に Video Cloud Studioアカウント。 ユーザーが作成したビデオを自分が管理しているサーバーに誘導して、それらのビデオを自分のサーバーに取り込む必要があります Video Cloud Dynamic Ingestを使用して制御された方法でアカウントを作成します。

    主なステップ

    1. あなたのUGCキャンペーンを計画する。 あなたの行動と方針への公式化。 ファイル形式やビデオエンコードの問題についてユーザーに指導してください。 著作権と商標の問題を検討してください。
    2. 中間サーバーを設定する あなたのアップロードフォームをホストし、ビデオを受信する。
    3. アップロードフォームを作成する ユーザーは動画やメタデータをアップロードできます。
    4. ビデオを見直す それらが出版される前に。 ユーザーが作成した動画に必要な編集フィルタを適用します。
    5. 仲介サーバーのユーザー生成ビデオを Video Cloud メディアライブラリ。 あなたは使うことができます Dynamic Ingest あなたのビデオを Video Cloud、または使用する 動的インジェスト用ソースファイルアップロードAPI Dynamic Ingestが直接引き出すことができるリポジトリを使用できない場合。
    6. 出版 あなたのウェブページ上のユーザ生成ビデオのあなたの選択。 スマートプレイリストを動的コンテンツに使用できます。

    この図は、推奨されるワークフローを示しています。

    UGCワークフロー
    UGCワークフロー

    あなたのUGCキャンペーンを計画する

    ビジネス目標に沿ってUGCキャンペーンを計画する必要があります。 どのようにUGCキャンペーンを視聴者に伝えるかを計画します。 既存の動画コンテンツやウェブ上のプロパティ、関連会社やビジネスパートナーのプロモーションを使用することができます。 多くのUGCキャンペーンにはコンテスト要素があります。この場合、賞品、審査、キャンペーンの期間について考える必要があります。

    UGCキャンペーンでは、ポリシーをユーザーに伝える必要があります。 考慮すべきいくつかの要素:

    • 受け入れられるファイル形式
    • ソースファイルエンコーディングの推奨事項
    • 最大ファイルサイズとビデオ長
    • アップロードされた動画の所有権や権利などの法的要件、ユーザーの著作権および商標(お客様および第三者の両方)の使用に関する制限。

    あなたはまた、あなたがしたい方法を計画する必要があります ビデオを公開する.

    公開前の動画のレビュー

    一般に公開されているUGCキャンペーンでは、著作権や商標に違反するコンテンツ、わいせつ、攻撃的、または無意味なコンテンツを公開することができない動画コンテンツを提出することがあります。 ユーザーが作成したビデオを選択または調整して公開する方法を計画します。 あなたが取ることができるいくつかのアプローチがあります:

    • あなたの仲介サーバー上の提出されたすべてのビデオを確認し、受け入れ可能なものを別のディレクトリに移動します。 Video Cloud メディアライブラリ。
    • 提出されたすべての動画を Video Cloud メディアライブラリを使用しますが、レビューおよび承認されるまで非アクティブ状態にしておきます。

    中間リポジトリを設定する

    ユーザーが作成したコンテンツを直接あなたの Video Cloud すべてのユーザーを本当に信頼できる場合を除き、メディアライブラリ。 代わりに、中間リポジトリを使用する必要があります。ユーザーは動画を中間リポジトリにアップロードし、次にDynamic Ingestを使用して中間サーバーから動画を Video Cloud メディアライブラリ。

    バケットがパブリックか保護されているかに関わらず、S3からダイナミックインジェストを設定するのは非常に簡単なので、中間レポジトリにはS3バケットを使用することをお勧めします。

    アップロードフォームを作成する

    アップロードフォームを使用すると、中間サーバーにビデオをアップロードすることができます。 アップロードフォームには通常、ユーザーがビデオの名前、説明、タグを入力できるフィールドがありますが、ユーザーが変更するビデオのプロパティのフィールドを追加できます。 (必要に応じて、動画を取り込むときに他のメタデータを追加することもできます)。

    ビデオをインジェストする

    準備ができたら、UGCのコンテンツをあなたの Video Cloud Dynamic Ingestを使用してアカウントを作成します。 関連する2つのAPIリクエストがあります。

    1. A ビデオを作成する の CMS APIこれは、ビデオオブジェクトを Video Cloud 説明やタグなどのメタデータを追加します。
    2. 入金依頼これは、ビデオファイルを引き込み、トランスコードします。

    見ます Dynamic Ingest API 概要 詳細についてはこちら。

    コンテンツを公開する

    ユーザーが作成した動画をどのように表示するかを検討します。 どのページで公開しますか? カスタマイズしますか player?

    スマートプレイリストを使用して、ユーザー作成のビデオを自動的にグループ化できます。 考慮すべき2つのアプローチは次のとおりです。

    • スマートプレイリストを作成する 最も視聴者が投稿した動画の場合 これを行うには、ユーザが提出したすべての動画に共通のタグを付けて、新しいスマートプレイリストを作成します。 "search": "tags:\" {YOUR_UGC_TAG}\" リストタイプを作成する PLAYS_TOTAL
    • サブジェクトベースのタグを定義し、ユーザーに最適なタグを選択させる。

    ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日