サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    標準の摂取プロファイル

    このトピックでは、Dynamic DeliveryおよびContext Aware Encodingを使用するときに提供される標準の取り込みプロファイルのプロパティについて学習します。

    賃貸システムの概要

    ダイナミックインジェストリクエストを作成するときは、 Dynamic Ingest API アップロードモジュールを使用して動画をアップロードする場合は、アップロードモジュールで作成されたレンディションの数とタイプを決定するプロファイルを指定する必要があります Video Cloud 摂取プロセス。 このトピックでは、各Dynamic Deliveryプロファイルの詳細について説明します。 ダイナミックデリバリー以外のアカウントについては、 レガシーインジェストの標準インジェストプロファイル トピック。

    ダイナミック配信の概要については、 ダイナミックデリバリーの概要。 コンテキスト・アウェア・エンコーディングの概要は、 Context Aware Encoding の概要.

    注意:

    • このドキュメントは、通常の動的配信とコンテキスト認識のエンコーディングのプロファイルを示しています。 見る コンテキスト認識エンコーディング 詳細については。
    • 静的ダイナミックデリバリとコンテキストアウェアエンコーディングプロファイルが異なる方法で動作するため、以下のプロファイルの詳細に異なる情報が表示されます。
      • 静的Dynamic Deliveryプロファイルの場合、含まれているレンディションのリストが表示されます
      • コンテキスト認識エンコーディングプロファイルの場合、生成するレンディションの決定に使用されるダイナミックプロファイル設定のテーブルが表示されます

    独自のカスタムインジェストプロファイルを作成することもできます。 詳細は、該当するトピックを参照してください。

    レンディション

    取り込みプロファイルで使用できるすべての利用可能なデフォルトのレンディションの詳細については、以下の表を参照してください。

    オーディオレンディション

    セグメント化されたオーディオレンディション

    セグメント化された音声レンディション
    お名前[1-1] オーディオビットレート(kbps) オーディオチャンネル 音声コーデック 強制キーフレームレート フラグメント期間(ミリ秒) フラグメントトラックタイムスケール セグメント長(秒)
    ノート
    • [1-1] インジェストプロファイルでレンディションを参照すると、 名前の前に必ず default/ - 例えば: default/audio128
    • [1-2] セグメントはダウンロード可能なファイルに関連しています。 たとえば、HLSでは、6秒ごとにファイルをセグメント化することがあります。 各セグメントには、他のセグメントとは無関係にデコードして再生できるようにするのに十分な情報が含まれています。 HLSマニフェストは各セグメントパスとその期間をリストします。

      フラグメントとはMP4ファイルのフラグメントを指します。 断片化されていないMP4にはファイルの先頭または末尾にメタデータが含まれているので、FTYP, MOOV アトム)メディアの前にデコードされるMDAT 原子)。 ストリーミングを簡単にするために、MP4ファイルをフラグメント化して、再生に必要なメタデータとメディア、およびメディアをファイル内のフラグメントにチャンク化できます。 これにより player■メディアの特定のチャンクを簡単に探すだけでなく、異なるレンディション間のスムーズな移行を可能にする。 フラグメンテーションは最初はDASH用に作成されましたが、現在はHLSでもサポートされています。

      セグメント(ファイル)に複数のフラグメントを含めることができるように、メディアをフラグメント化してダッシュすることもできます。 セグメントとフラグメントの長さを同じにするのが一般的です。 ご了承ください durationlength フラグメントとセグメントについて説明するときも同じことを参照してください。

    プログレッシブオーディオレンディション

    プログレッシブオーディオレンディション
    お名前[2-1] オーディオビットレート(kbps) オーディオチャンネル 音声コーデック 強制AACプロファイル ビデオをスキップ
    ノート
    • [2-1] インジェストプロファイルでレンディションを参照すると、 名前の前に必ず default/ - 例えば: default/audio128

    ビデオレンディション

    ダイナミック配信ビデオレンディション

    ビデオレンディション
    お名前[3-2] ビットレート(kbps) 身長[3-1] (px) アスペクトモード デコーダビットレートキャップ デコーダバッファサイズ 強制キーフレームレート フラグメント期間(ミリ秒) H264 bフレーム H264プロファイル セグメント長(秒) 速度 ビデオコーデック
    ノート
    • [4-1] 出力レンディションの幅は、入力ソースのアスペクト比に依存します
    • [4-2] インジェストプロファイルでレンディションを参照すると、 名前の前に必ず default/ - 例えば: default/video2000

    HEVCビデオレンディション[4-1]

    HEVCビデオレンディション[4-4]
    お名前[4-3] ビットレート(kbps) 身長[4-2] (px) アスペクトモード デコーダビットレートキャップ デコーダバッファサイズ キーフレームレート フラグメント期間(ミリ秒) 速度 ビデオコーデック
    ノート
    • [4-1] HEVCサポートは有料のアドオンです。 HEVCサポートに関心がある場合は、アカウントマネージャーにお問い合わせください
    • [4-2] 幅は16:9のアスペクト比にも含まれますが、出力レンディションの実際の幅は入力ソースのアスペクト比に依存します
    • [4-3] インジェストプロファイルでレンディションを参照すると、 名前の前に必ず default/ - 例えば: default/video2000
    • [4-4] 表に示すものに加えて、HEVCレンディションには次のプロパティがあります。
      • fixed_keyframe_interval: true
      • segment_seconds: 2
      • video_bframes: 3
      • video_codec_profile: main
      • video_reference_frames: 6

    プログレッシブビデオレンディション

    プログレッシブレンディション
    お名前[5-2] ビデオビットレート(kbps) オーディオビットレート(kbps) 身長[5-1] (px) デコーダビットレートキャップ デコーダバッファサイズ H264プロファイル
    ノート
    • [5-0] 上記のプロパティに加えて、すべてのプログレッシブレンディションには次の設定があります。
      • アスペクトモード:保存
      • スピード:3
      • ビデオコーデック:h264
      • 高級感:false
      • オーディオコーデック:aac
      • AACプロフィール:aac-lc
    • [5-1] 出力レンディションの幅は、入力ソースのアスペクト比に依存します
    • [5-2] インジェストプロファイルでレンディションを参照すると、 名前の前に必ず default/ - 例えば: default/progressive1200

    上記の表以外のビットレート/解像度のレンディションが必要な場合は、 Brightcove カスタマーサポート.

    プロファイル

    摂取プロファイルの概要

    以下の表は、静的動的配信用の標準プロファイルとコンテキスト認識エンコーディングプロファイルの概要をまとめたものです。 プロファイル名をクリックすると、そこに含まれるレンディションの詳細が表示されます。 作成される実際のレンディションはソースビデオの品質に依存することに注意してください。

    静的動的配信プロファイル

    静的動的配信プロファイル
    お名前 動画
    レンディション
    オーディオ
    レンディション
    説明

    Context Awareエンコーディングプロファイル

    Context Awareエンコーディングプロファイル
    お名前 動画
    レンディション
    オーディオ
    レンディション
    説明

    ページの最終更新日:18年2020月XNUMX日