サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    コンテキスト認識エンコーディングの使用

    このトピックでは、コンテキスト認識エンコーディング(CAE)を使用して Video Cloud にビデオコンテンツを取り込む方法について説明します。

    はじめに

    Context Aware Encodingは、Brightcoveによって開発されたテクノロジーであり、機械学習を使用して、コンテンツごとのアイテムおよび配信コンテキストに基づいてエンコーディング設定を最適化します。CAEは、ビデオ配信に関連するストレージと帯域幅のコストを削減するように特別に設計されていますが、視覚的な品質を損なうことはありません。詳細については、を参照してください。コンテキストアウェアエンコーディングの概要

    制約事項

    次の機能は現在サポートされていません。

    • 高度なコーデックサポート(H.265、VP9など)

    入門編

    前提条件

    コンテキストアウェアエンコーディングの利用を希望するお客様は、次の要件を満たす必要があります。

    1. ビデオクラウドのお客様
    2. VideoCloudアカウントで動的配信が有効になっている
    3. 従来のBrightcoveAPIを使用しなくなりました
    4. 使用して快適プロファイルAPIの取り込みそしてその動的取り込みAPI

    注:コンテキストアウェアエンコーディングは、すべてのVideoCloudのお客様が利用できるわけではない機能です。コンテキストアウェアエンコーディングを利用できるかどうかについて質問がある場合は、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

    CAEプリセット

    サービスの一般リリースにより、3つの「プリセット」によってカプセル化される3つの主要なユースケースをサポートする予定です。プリセットは、特定のプロファイル用に調整されたCAE最適化に結合された取り込みプロファイル設定で構成されます。

    CAEプリセット
    名前 説明 単純なユースケース
    multi-platform-standard-dynamic 解像度は720pに制限され、ビットレートは2MBPSに制限されています 一般的な使用。さまざまなデスクトップおよびモバイルデバイスへの配信用
    multi-platform-extended-dynamic 1080pレンディションを追加し、最大ビットレートを最大4Mbpsに拡張します 1080pの品質が重要な場合に使用します。たとえば、HDコンテンツを大画面に配信する顧客
    multi-platform-extended-dynamic シフトは、ラダーをより低いビットレートのレンディションに向けてエンコードします。720pで上限 帯域幅の不足が主要な懸念事項であるユースケースと地域の場合

    プリセットを使用したコンテンツのエンコード

    アカウントでCAEが有効になると、上記の3つのプロファイルが、スタジオのアップロードツールと取り込みプロファイルのセクションで利用できるようになります。同様に、これらのプロファイルは、動的取り込みAPI、他の取り込みプロファイルと同様。

    プリセットの詳細

    各CAEプロファイルの設定のサブセットを以下に示します。

    Multiplatform Standard

    (最終更新:7/12/17)

        "dynamic_profile_options":
        {
              "min_renditions": 2,
              "max_renditions": 6,
              "max_resolution": {
                "width": 1280,
                "height": 720
              },
              "max_bitrate": 2400,
              "max_first_rendition_bitrate": 400,
              "max_frame_rate": 30,
              "keyframe_rate": 1,
              "select_baseline_profile_configuration": true,
        }

    Multiplatform Extended

        "dynamic_profile_options":
        {
              "min_renditions": 3,
              "max_renditions": 6,
              "max_resolution": {
                "width": 1920,
                "height":1080
              },
              "max_bitrate": 4200
              "max_first_rendition_bitrate": 400,
              "max_frame_rate": 30,
              "keyframe_rate": 1,
              "select_baseline_profile_configuration": true,
        }

    Bandwidth Limited

    (最終更新:7/12/17)

        "dynamic_profile_options":
        {
              "min_renditions": 2,
              "max_renditions": 6,
              "max_resolution": {
                "width": 1280,
                "height": 720
              },
              "max_bitrate": 1800
              "max_first_rendition_bitrate": 200,
              "max_frame_rate": 30,
              "keyframe_rate": 1,
              "select_baseline_profile_configuration": true,
        }

    サンプルCAEプロファイル

        {
         "id": "1234567890",
         "version": 1,
         "name": "custom-cae-profile",
         "description": "My custom CAE profile",
         "account_id": 40000000001,
         "brightcove_standard" : false,
         "digital_master": {
           "rendition": "passthrough",
           "distribute": false
         },
         "dynamic_origin": {
           "renditions": [
             "default/audio64",
             "default/audio96",
             "default/audio128",
             "default/audio192"
           ],
           "dynamic_profile_options": {
             "min_renditions": 3,
             "max_renditions": 6,
             "max_resolution": {
               "width": 1920,
               "height": 1080
             },
             "max_bitrate": 4200,
             "max_first_rendition_bitrate": 400,
             "max_frame_rate": 30,
             "keyframe_rate": 1,
             "select_baseline_profile_configuration": true,
             "min_ssim": 0.95,
             "video_configurations": [
                 {"width": 1280, "height": 720},
                 {"width": 960,  "height": 540},
                 {"width": 640,  "height": 360}
             ]
           },
           "images": [
             {
               "label": "poster",
               "height": 720,
               "width": 1280
             },
             {
               "label": "thumbnail",
               "height": 90,
               "width": 160
             }
           ]
         }
        }

    詳細については、のドキュメントを参照してください。プロファイルAPIの取り込みそして動的取り込みAPI

    MP4レンディションの追加

    ビデオにダウンロード可能なプログレッシブ(MP4)レンディションが必要な場合は、でそれらを指定できます。dynamic_origin.renditionsアレイ:

        
          "dynamic_origin": {
            "renditions": [
              "default/audio64",
              "default/audio96",
              "default/audio128",
              "default/audio192",
              "default/progressive700",
              "default/progressive2500"
            ],

    MP4レンディション

    含めることができるMP4レンディションを以下に示します-を参照してください動的配信とコンテキストアウェアエンコーディングの標準的な取り込みプロファイルこれらのレンディションの詳細については。

    利用可能なMP4レンディション