サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

プラットフォームAPIの既知の問題

これは、プラットフォームAPIの既知の問題をまとめたものです。

Analytics API

ビデオのリクエストまたは player のフィールド fields 次元として要求することなく

あなたが使用している場合 video or player フィールド( video , video_name , player or player_name )を返しますが、それらをフィールドに含めないでください。 dimensions 応答項目にはこれらの項目に関連性のない値が含まれ、無視する必要があります。 アイテムの他の値は有効です

回避方法:ビデオを含めないか、 player としても含めない限り、応答フィールドのフィールド dimensions .

のための "他の"結果の数が多い device_manufacturer
いくつかのケースでは、 device_manufacturer フィールド。 これは、データコレクタが user_agent 分析データを使用して配信されます。 私たちがこれで特定したもっとも一般的な原因は、Instagramによって作成されたカスタムのuser_agent文字列ですが、おそらく他にもあります。

CMS API

場合によっては、 original_filename 堕落する
場合によっては、 original_filename フィールドは壊れてしまい、実際のファイル名は含まれません。
タグにカンマを含めないでください
コンマを含む動画にタグを追加しようとすると(「SomeCo、Inc」など)、リクエストは「不正なタグ」エラーで失敗します
スケジュールされた動画
から Playback API および最大10〜15分のカタログキャッシュビデオ、 player 次の数分(最大20)の間に利用可能になるようにスケジュールされたビデオを要求すると、キャッシュが更新されるまで再生可能なビデオを取得できない場合があります。
has_digital_master

このフィールドを使用してビデオを再トランスコードできるかどうかをテストする場合、元のビデオにマスターが含まれていてもアフィリエイトアカウントで再トランスコードすることはできないため、共有ビデオの場合は信頼できません。

回避方法:動画がアカウントに共有されている場合は、両方の動画をテストする必要があります has_digital_master = true sharing.by_external_account = false 。 サンプルコード(JavaScript):

var video={some_video_object}
if (video.sharing !== null) {
  if (video.sharing.by_external_account === false) {
    if (video.has_digital_master) {
    // video can be retranscoded
    }
  }
}
更新/パッチを使用している場合、再生リストに重複する参照IDが許可されます
プレイリストを更新するとき reference_id CMS API (または、同じAPIリクエストを使用するため、Mediaモジュール)、別の再生リストですでに使用されている参照IDが許可されます。

ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日