サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

ステップバイステップ: Delivery System API

このドキュメントでは、 Delivery System API レポジトリ(repo)を作成し、レポでプラグインを保存して更新します。

概要

実行する手順は次のとおりです。

  • レポを作成するには、 Delivery System API
  • ファイル格納用のローカルフォルダを作成する
  • プラグインを作成してレポにコピーする
  • 変更する player 新しいプラグインを使用するには
  • プラグインを変更して、 player 変更されたプラグインを使用します

注意:経験豊富なGitユーザーの方は、Gitで同等の機能を実行するAPI呼び出しもいくつか見られます。 実際、ファイル操作API呼び出しの中にはGitコマンドを単に実行するものがあります。

必須条件

ステップバイステップの説明でこれらのステップを開始するには、あなたが完了したと仮定します。 ステップバイステップ: Player 管理。 上記のアクティビティを完了すると、コマンドラインシステムに次の環境変数が定義されます。

  • $ ACCOUNT_ID
  • $ EMAIL
  • $PLAYER_ID

レポを作成する

これで、 Delivery System API レポを作成し、そのレポにファイルをコピーします。 リポジトリが作成されたら、APIを使用してリポジトリの一覧表示、リポジトリの詳細の表示、リポジトリの削除などを行うこともできますが、多くのワークフローではこれは必要ありません。

新しいrepoを作成するcurlステートメントでは、HTTPを使用します PUT URLに新しいリポジトリの名前を含めます。 このcurlステートメントを実行して名前付きレポを作成する firstRepo.

    curl \
      --user $EMAIL \
      --request PUT \
      https://repos.api.brightcove.com/v1/accounts/$ACCOUNT_ID/repos/firstRepo
    

レポの作成を確認する応答が届きます。 レスポンスには、レポの名前とパブリックURLが表示されます。

  • 名前:レポの名前
  • public_url:リポジトリへのパブリックURL
  • repo_url:リポジトリのURL
    {
      "name": "firstRepo",
      "public_url": "http://players.brightcove.net/1507807800001/firstRepo",
      "repo_url": "https://repos.api.brightcove.com/v1/accounts/1507807800001/repos/firstRepo"
    }

フォルダを作成する

次に、あなたのマシンに関連するファイルを保存するために、マシン上にローカルにフォルダを作成する必要があります Brightcove Player。 選択した場所にフォルダを作成してから移動します(cd)をそのフォルダに追加します。

    mkdir firstRepo
    cd firstRepo

プラグインの作成

次に、フォルダーにプラグインを作成して、リポジトリにコピーします。 ステップバイステップの同じプラグインを使用します。 Player 表示されるテキストを変更する以外は、管理。 ファイルを作成し、下のテキストをファイルに貼り付けて保存します。 ステップバイステップで使用されているのと同じファイル名を使用します。 Player 管理、 first-plugin.js.

    videojs.registerPlugin('firstPlugin', function() {
      var player = this,
      overlay = document.createElement('p');
      overlay.className = 'vjs-overlay';
      overlay.innerHTML = "NEW TEXT!";
      player.el().appendChild(overlay);
    });

新しく作成したプラグインファイルをリポジトリにコピーします。 このタスクを実行するには、次のcURLステートメントを使用します。

    curl \
      --user $EMAIL \
      --form contents=@first-plugin.js \
      --request PUT \
      https://repos.api.brightcove.com/v1/accounts/$ACCOUNT_ID/repos/firstRepo/files/first-plugin.js

コピー後、次のような確認が表示されます。

    {
      "name": "first-plugin.js",
      "public_url": "http://players.brightcove.net/1507807800001/firstRepo/first-plugin.js"
    }

ファイルが正しくコピーされたことを確認するには、次のcURLステートメントを使用してその内容を表示します。

    curl http://players.brightcove.net/$ACCOUNT_ID/firstRepo/first-plugin.js

また、ファイルを参照してファイルを表示することもできます public_url ファイルコピーから戻されます。

新しいプラグインを使用する

ステップバイステップ: Player curlステートメントを使用して管理者に伝えた player プラグインのJavaScriptコードの場所と、CSSの場所およびプラグイン名。 今回もプラグインへのパスがファイルコピーからの応答で見つかった新しいパスを使用することを除いて、同じことを繰り返します(コピー応答の上記の2行目に示されています)。 次のcurlステートメントを実行して、新しいプラグインの場所を指定します。

    curl \
      --header "Content-Type: application/json" \
      --user $EMAIL \
      --request PATCH \
      --data '{
        "scripts": [
          "http://players.brightcove.net/$ACCOUNT_ID/firstRepo/first-plugin.js"
        ],
        "stylesheets": [
          "http://solutions.brightcove.com/bcls/video-js/new-player/first-plugin.css"
        ],
        "plugins": [{
          "name": "firstPlugin"
        }]
      }' \
      https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

返された preview_url 閲覧する player プラグインからの新しいテキストが表示されます。 必要に応じて、 player と公開を取得 player URL。

プラグインを変更する

新しいブライトコーブを使用する利点のXNUMXつ player 更新が簡単です playersプラグインにXNUMXつの変更を加えることにより、 playersそのプラグインを使用すると更新されます。 手順のこの時点で、プラグインに小さな変更を加え、変更を加えずにプラグインが使用されていることを確認します player そのもの。

Video Cloud Studioで first-plugin.js ファイルを読み込み、読み込むテキストを更新する 新しいテキスト!

    overlay.innerHTML = "NEWer TEXT!";

もう一度ファイルをリポジトリにコピーします。

    curl \
      --user $EMAIL \
      --form contents=@first-plugin.js \
      --request PUT \
      https://repos.api.brightcove.com/v1/accounts/$ACCOUNT_ID/repos/firstRepo/files/first-plugin.js

同じものをブラウズする preview_url 上からもう一度。 注:ブラウザのキャッシュのため、ブラウザのタブを閉じて再度参照するか、ブラウザのキャッシュをクリアしてテキストを更新する必要があります。

プラグインの最新バージョンが機能していることを確認したら、公開できます player.


ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日