サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

API認証資格情報の管理

このトピックでは、スタジオを使用したAPI認証資格情報の作成と管理の概要を説明します。

あなたが使用している場合 Video Cloud API、基本的な認証を有効にしない限り、メソッド呼び出しにはアクセストークンが必要です。 Player サービス設定。 基本認証を有効にする方法の詳細については、を参照してください。 アカウント設定の管理.

クライアント登録の作成

[API認証]ページは、新しいクライアント登録を作成するために使用されます。 登録を作成するときに、登録で有効にするサービスと役割を選択できます。

アカウントの新しいクライアント登録を作成するには:

  1. ストリーミングを停止する場合は上部の 管理人 Studioヘッダーのリンクをクリックします。
  2. ストリーミングを停止する場合は上部の API認証 リンク。 [API認証]ページが開き、現在のクライアント登録が表示されます。
  3. ナビゲーションヘッダーの 新しいアプリケーションを登録する.
  4. 入力します お名前(ローマ字) 説明 クライアントの登録のために。
  5. 承認するアカウントを1つ以上選択します。
  6. この登録を有効にするAPIとアクセス許可を選択します。
  7. ナビゲーションヘッダーの 保存.
  8. A 顧客IDクライアントシークレット 返されます。

クライアント登録の管理

[API認証]ページを使用して、クライアントの登録を表示および管理できます。 クリック 管理人 Studioヘッダーのリンクをクリックしてから API認証。 あなたの現在の登録のリストが表示されます。

登録の詳細を表示するには、名前のをクリックします。 ここから、あなたは:

  • 名前を変更する
  • クライアントIDをコピーする
  • 承認のためのアカウントを追加する
  • 有効にする追加のAPIを選択する
  • 資格情報を削除する

ナビゲーションヘッダーの 保存 変更を保存します。

複数のアカウントに対して資格情報が作成された場合、ユーザーはそれらのアカウントすべてにアクセスできる場合にのみその資格情報を表示します。 たとえば、ユーザー1はアカウントAとBの資格情報を作成します。ユーザー2はログインし、アカウントAのみにアクセスします。ユーザー2は、アカウントBにアクセスできない資格情報を表示しません。

クライアント登録の削除

クライアント登録を削除するには、削除アイコン()をクリックするか、登録を編集して 登録を削除する. 登録を永久に削除すると無効になり、元に戻すことはできません。

OAuth

DFPの操作

現在複数の場合 Video Cloud DFPでコンテンツソースとして設定されたアカウントには、次の2つのオプションがあります。

  1. それぞれに一意のクライアントIDとクライアントシークレットを作成できます Video Cloud DFPでコンテンツソースとして設定されているアカウント。 たとえば、10 Video Cloud DFPという名前の10アプリケーションがAPIの[認証]設定に Video Cloud.
  2. すべてのクライアントIDとクライアントシークレットを作成できます Video Cloud DFPでコンテンツソースとして設定されたアカウント。 たとえば、10 Video Cloud DFPという名前の1アプリケーションがAPI認証設定に Video Cloud.

#1または#2のオプションを選択したかどうかに関係なく、DFPで設定したコンテンツソースごとに固有のアカウントIDを指定する必要があります。 したがって、DFPで現在設定されているコンテンツソースの数を減らすことはできません。 読み取りトークンをクライアントIDとクライアントシークレットに置き換えるだけです。クライアントIDとクライアントシークレットは、コンテンツソース全体で同じでも、それぞれ固有のものでもかまいません。

オプション#1は、事前に時間がかかります。 ただし、クライアントIDとクライアントシークレットがすべてのコンテンツソースで同じである場合(オプション#2と同様)、新しいクライアントIDとクライアントシークレットを生成して更新する必要があるため、新しいコンテンツソースを追加するのは負担になります。 DFPのすべてのコンテンツソース。 そのため、Brightcoveはオプション#1を推奨しています。


ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日