サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

DRMでコンテンツを取り込む

このトピックでは、次のコンテンツセキュリティオプションについて説明します。 Video Cloud. Video Cloud いくつかの形式のコンテンツセキュリティを提供していますが、その中のいくつかは一緒に使用できます。

概要

DRM(Digital Rights Management)は、ビデオデータを暗号化し、ライセンスポリシーに基づいてロックを解除することにより、ビデオコンテンツを保護します。 動画コンテンツがBrightcoveに読み込まれたとき player player ライセンスサーバーにコールバックし、ビデオを再生する権限を取得します。 このトランザクションは、視聴者に対して透過的です。

DRMの一般的な概要については、 Video Cloud それをサポートして、参照してください 概要:のデジタル著作権管理 Video Cloud.

動的配信用のDRM

あなたのアカウントが有効になっている場合 Dynamic Delivery あなたのアカウントマネージャーによってDRMが有効になっています、新しくアップロードされたすべての動画が保護されます。 既存のDD動画に保護を適用したい場合は、ブライトコーブサポートにお問い合わせください。

アカウントでDRMが有効になっていて、DRMなしで一部のタイトルを配信する場合は、 drm_disabled フラグビア CMS API 〜へ true 使用 ビデオリクエストを更新する.

サンプルリクエスト

登録リクエスト

リクエストは PATCH リクエストを実行してあなたのアカウント内のプレイリストの数を取得することもできます:

              https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/account_id/videos/video_id

ボディをリクエストする

              {
                  "drm_disabled": true
              }

Studioのビデオプロパティに移動し、DRMトグルをクリックして、特定の動画のDRMを無効にすることもできます:

Studio DRMトグル
Studio DRMトグル

トグルをクリックすると、次のようになります。

Studio DRMをオフに切り替える
Studio DRMをオフに切り替える

あなたが行う Studio上ではサポートされていません。 DRMのカスタムインジェストプロファイルを作成する必要があります。


ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日