サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

静的URL配信

このトピックでは、Brightcoveから静的URLを使用する方法を学びます Playback API v2。

概要

Brightcoveは、アセットの動画マニフェストファイルに静的URLを提供します Video Cloud 図書館。 これにより、独自のCMSでコンテンツを管理し、カスタムセキュリティスキーマを使用して配信する柔軟性が得られます。

これは、既存のアーキテクチャで許可されていないお客様にとって重要です。 Playback API マニフェストURLが必要になる前に呼び出します。 の player また、この機能を使用して、XNUMX回の呼び出しをなくすことで再生開始時間を短縮できます。

要件

静的URLには次の要件が必要です。

アカウント設定

JSON Web Token(JWT)に署名するには、Brightcoveアカウントで再生認証サービスを有効にする必要があります。 これを行うには、アカウントマネージャーに連絡してください。

アナリティクス登録

静的URLを使用すると、 Playback API 使用せずに Brightcove Player。 一方、 Brightcove Player 分析データをブライトコーブに自動的に送信します。 Data Collection API これをする。

あなたが Data Collection API、 概要: Data Collection API の資料をご参照ください。

データコレクタへの情報の送信の詳細については、 Data Collection API サンプル.

Video Cloud

今日、VideoCloudを介したすべての再生では、ビデオの再生を開始するために2つのAPI呼び出しが必要です。 静的URLを使用すると、API呼び出しの数をXNUMXつに減らすことができます。

次の図は、静的URLなしのビデオ再生用のAPI呼び出しを示しています。

Video Cloud 再生
Video Cloud 再生

静的URL

ブライトコーブの Playback API v2、静的URLが利用可能になりました。

主な機能

静的URLに関連する機能は次のとおりです。

特徴 コメント
VODの静的URLサポート Dynamic Deliveryのみでサポートされるビデオ形式:
  • HLS
  • ダッシュ
  • HLS VMAP
  • ダッシュVMAP
承認 JSON Web Token(JWT)
DRM VODのみ
サーバー側広告挿入(SSAI) VODのみ
BYO CDN ブライトコーブのCDNは、マニフェストとサブマニフェストを引き続き配信します。

お客様のCDNはビデオセグメントのみを配信します。
クローズドキャプション 現在、マニフェスト内のキャプションのみがサポートされています。

静的URLの実装

静的URLには次のものがあります。

  • アカウントID
  • ビデオID(または参照)
  • 配信タイプ(HLS、ダッシュ)
  • 設定オプション(SSAI、DRM、CDNなど)

これらのURLは、顧客が生成して署名したJSON Web Token(JWT)を使用して保護されます。 このトークンを使用して、配信の側面を構成および適用できます。 詳細については、 JSON Webトークンの作成 の項目を検索します。

ドメイン

静的URLに使用されるドメインは Playback API v2(PAPIv2)URL:

https://playback.brightcovecdn.com/playback/v1/

エンドポイント

各配信タイプの静的URLの例:

配達タイプ URL
HLSマスターマニフェスト
/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/master.m3u8?bcov_auth={jwt}
DASHマニフェスト
/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/manifest.mpd?bcov_auth={jwt}
HLS VMAP
/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/hls.vmap?bcov_auth={jwt}
ダッシュVMAP
/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/dash.vmap?bcov_auth={jwt}

JSON Webトークンの作成

ブライトコーブと通信するときに使用するトークンを作成するには Playback API、を参照してください。 JSON Web Token(JWT)の作成 の資料をご参照ください。

静的URL配信の要求

以下のクレームは、Brightcoveの静的URL配信で使用できます。

フィールド 種類 必須 説明
accid 文字列 再生中のコンテンツを所有するアカウントID
exp 整数 このトークンが有効でなくなる時間(エポックからの秒数)。 から30日以内である必要があります iat
iat 整数 このトークンが発行された時間(エポックからの秒数)
conid 文字列 存在する場合、このトークンは特定のライセンスのフェッチのみを許可します Video Cloud ビデオID。

有効な動画IDである必要があります。
pro 文字列 XNUMXつの動画で複数の動画を利用できる場合の保護の種類を指定します。

値:
  • ""(クリアコンテンツのデフォルト)
  • 「aes128」
  • 「ワイドバイン」
  • 「プレイレディ」
  • "フェアプレー"
vod オブジェクト Video-On-Demandの特定の構成オプションが含まれています。
ssai 文字列 サーバー側の広告挿入(SSAI)構成ID。

以下は、使用する可能性があるJSON Web Token(JWT)クレームの例です。

{
        // account id: JWT is only valid for this accounts
        "accid":"4590388311111",
        // expires: timestamp when JWT expires
        "exp":1577989732,
        // issued at: timestamp when the JWT was created
        "iat":1575484132,
        // content id: JWT is only valid for video id or reference id
        "conid":"5805807122222",
        // protection: specify a protection type in the case where multiple are available for a single video
        "pro":"aes128",
        // VOD specific configuration options
        "vod":{
          // SSAI configuration to apply
          "ssai":"efcc566-b44b-5a77-a0e2-d33333333333"
        }
      }

コンテンツ保護(DRM)の使用

あなたは含めることができます pro 上で定義したように、保護タイプを指定するように要求します。

ライセンスリクエストの場合、JWTにはペイロードは必要ありませんが、マニフェストリクエストJWTと同じRSAキーを使用して署名する必要があります。

ライセンス要求

次のエンドポイントを使用して、DRMライセンスを取得できます。

/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/licenses/{scheme}?bcov_auth={JWT}

の有効な値 scheme:

  • 「ワイドバイン」
  • 「プレイレディ」
  • "フェアプレー"

FairPlayアプリ証明書

FairPlayアプリ証明書の場合、エンドポイントは次のとおりです。

/accounts/{account_id}/fairplay_app_cert

ノート

以下の注意事項は、静的URL配信に適用されます。

  • マニフェスト内のキャプションがサポートされています。 アウトオブバンドサイドカーキャプションは、将来のリリースでサポートされる予定です。
  • お客様のBYO CDNは動画セグメントを配信し、BrightcoveのCDNはマニフェストとサブマニフェストを配信し続けます。
  • Brightcoveは、有効期限のないJWTの使用をサポートしています。 これを行うには、 exp トークンを作成するときに要求します。

制限事項

静的URL配信には、次の制限が適用されます。

  • Live ストリームは、今後のリリースでサポートされる予定です。
  • MP4は今後のリリースでサポートされる予定です。
  • 配信ルールは、今後のリリースでサポートされる予定です。

ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日