サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    静的URL配信

    このトピックでは、Brightcoveから静的URLを使用する方法を学びます Playback API v2。

    賃貸システムの概要

    Brightcoveは、アセットの動画マニフェストファイルに静的URLを提供します Video Cloud 図書館。 これにより、独自のCMSでコンテンツを管理する柔軟性が得られます。liverカスタムセキュリティスキーマを使用します。

    これは、既存のアーキテクチャで許可されていないお客様にとって重要です。 Playback API マニフェストURLが必要になる前に呼び出します。 の player また、この機能を使用して、XNUMX回の呼び出しをなくすことで再生開始時間を短縮できます。

    また、 Playback API v2リファレンス.

    Requirements

    静的URLには次の要件が必要です。

    • Brightcove Playback API v2
    • アセットは動的配信のために取り込まれます

    アナリティクス登録

    静的URLを使用すると、 Playback API 使用せずに Brightcove Player。 一方、 Brightcove Player 分析データをブライトコーブに自動的に送信します。 Data Collection API これをする。

    あなたが Data Collection API、 概要: Data Collection API の資料をご参照ください。

    データコレクタへの情報の送信の詳細については、 Data Collection API サンプル.

    Video Cloud

    今日、VideoCloudを介したすべての再生では、ビデオの再生を開始するために2つのAPI呼び出しが必要です。 静的URLを使用すると、API呼び出しの数をXNUMXつに減らすことができます。

    次の図は、静的URLなしのビデオ再生用のAPI呼び出しを示しています。

    Video Cloud 再生
    Video Cloud 再生

    静的URL

    ブライトコーブの Playback API v2、静的URLが利用可能になりました。

    特徴

    静的URLに関連する機能は次のとおりです。

    特徴 コメント
    VODの静的URLサポート Dynamic Deliveryのみでサポートされるビデオ形式:
    • HLS
    • ダッシュ
    • HLS VMAP
    • ダッシュVMAP
    • MP4
    承認 JSON Web Token(JWT)
    DRM VODのみ
    Deliveryルール VODのみ
    サーバー側広告挿入(SSAI) VODと Live
    BYO CDN ブライトコーブのCDNは、マニフェストとサブマニフェストを引き続き配信します。

    お客様のCDNはビデオセグメントのみを配信します。
    クローズドキャプション 現在、マニフェスト内のキャプションのみがサポートされています。

    静的URLの実装

    静的URLには次のものがあります。

    • アカウントID
    • ビデオID(または参照)
    • 配信タイプ(HLS、ダッシュ)
    • 設定オプション(SSAI、DRM、CDNなど)

    これらのURLは、生成および署名された顧客を使用して保護されます JSONWebトークン (JWT)。 With this token, you can configure and enforce aspects of delivery.このトークンを使用すると、配信の側面を構成および適用できます。 For details, see the詳細については、 aを作成する JSONWebトークン の項目を検索します。

    ドメイン

    静的URLに使用されるドメインは Playback API v2(PAPIv2)URL:

    https://playback.brightcovecdn.com/playback/v1/

    エンドポイント

    各配信タイプの静的URLの例:

    配達タイプ URL
    HLSマスターマニフェスト
    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/master.m3u8?bcov_auth={jwt}
    DASHマニフェスト
    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/manifest.mpd?bcov_auth={jwt}
    HLS VMAP[1-1]
    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/hls.vmap?bcov_auth={jwt}
    ダッシュVMAP[1-1]
    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/dash.vmap?bcov_auth={jwt}
    最高のビットレートMP4
    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/high.mp4?bcov_auth={jwt}
    最低ビットレートMP4
    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/low.mp4?bcov_auth={jwt}

    ノート

    • [1-1] HLSおよびDASH VMAPは、 ssai JWTを作成するときに要求します。次のセクションを参照してください。

    クエリパラメータ

    クエリパラメータ
    クエリパラメータ
    bcov_auth JWTを参照してください 以下

    aを作成する JSONWebトークン

    ブライトコーブと通信するときに使用するトークンを作成するには Playback API、を参照してください。 aを作成する JSONWebトークン (JWT) 資料。 静的URLdeに使用できるクレームがありますliveそこにry。

    コンテンツ保護(DRM)の使用

    あなたは含めることができます pro 上で定義したように、保護タイプを指定するように要求します。

    ライセンスリクエストの場合、JWTにはペイロードは必要ありませんが、マニフェストリクエストJWTと同じRSAキーを使用して署名する必要があります。

    Widevineライセンスリクエスト

    次のエンドポイントを使用して、WidevineのDRMライセンスを取得できます。

    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/licenses/widevine?bcov_auth={JWT}

    FairPlayアプリ証明書

    FairPlayアプリ証明書の場合、エンドポイントは次のとおりです。

    /accounts/{account_id}/fairplay_app_cert

    PlayReadyエンドポイント

    PlayReadyの場合、ライセンス要求のエンドポイントは次のとおりです。

    /accounts/{account_id}/videos/{video_id}/licenses/cenc/playready?bcov_auth={JWT}

    ノート

    以下の注意事項は、静的URL配信に適用されます。

    • マニフェスト内のキャプションがサポートされています。 アウトオブバンドサイドカーキャプションは、将来のリリースでサポートされる予定です。
    • お客様のBYO CDNは動画セグメントを配信し、BrightcoveのCDNはマニフェストとサブマニフェストを配信し続けます。
    • Brightcoveは、有効期限のないJWTの使用をサポートしています。 これを行うには、 exp トークンを作成するときに要求します。

    ページの最終更新日:10年2020月XNUMX日