サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

XDR APIからの再生位置の取得

このトピックでは、クロスデバイスレジューム(XDR)APIからユーザーの再生位置を取得する方法を学習します。

概要

クロスデバイスレジュームを使用すると、あるデバイスでビデオの視聴を開始し、後で別のデバイスで中断したところからビデオの視聴を続行できます。

クロスデバイスレジューム(XDR)APIはクライアント側アプリから呼び出すことができないため、サーバー側プロキシを作成して呼び出しを行い、再生位置の値を返す必要があります。

再生位置を取得する

ビューアの再生位置は、 クロスデバイスレジューム(XDR)API.

クロスデバイスレジューム(XDR)API

Cross-Device Resume APIを使用すると、特定のビューアのすべての再生ヘッド位置、または特定のビューアとビデオのすべての再生ヘッドを取得できます。

ベースURL

APIのベースURLは次のとおりです。

https://data.brightcove.com/v1/xdr

アカウントパス

すべての場合において、要求は特定の Video Cloud アカウント。 したがって、常にベースのURLに「アカウント」という用語の後にアカウントIDを追加します。

https://data.brightcove.com/v1/xdr/accounts/{accountID}

承認

リクエストのアクセストークンは必須であり、Authorizationヘッダーに存在する必要があります。

Authorization: Bearer {access_token}

アクセストークンは、Brightcove OAuthサービスから取得する必要がある一時的なOAuth2アクセストークンです。 クライアント資格情報を取得し、それを使用してアクセストークンを取得する方法の詳細については、 Brightcove OAuth の概要.

パーミッション

クロスデバイスレジュームAPIへのリクエストは、 クライアントの資格情報 次の権限を持つ:

  • video-cloud/xdr/read

APIメソッド

Cross-Device Resume APIは、次のリクエストをサポートしています。 詳細については、 クロスデバイスレジューム(XDR)APIリファレンス.

視聴者の再生ヘッドを入手する

このリクエストは、ビューアのすべての再生ヘッドを取得します。

GET /accounts/{accountID}/playheads/{viewerID}
レスポンスボディ

レスポンスの本文には、動画と再生ヘッドの配列が含まれています。 これは次のようになります。

{
 "account_id": "1752604059001",
 "viewer_id": "user001",
 "items": [
  {
   "timestamp": 1589548991563000,
   "video_id": "6152436480001",
   "playhead_seconds": 17
  },
  {
   "timestamp": 1589548858719000,
   "video_id": "6152440604001",
   "playhead_seconds": 3
  }
 ],
 "size": 2
}

視聴者のビデオ再生ヘッドを取得する

このリクエストは、視聴者と特定の動画のすべての再生ヘッドを取得します。

GET /accounts/{accountID}/playheads/{viewerID}/{videoID}

レスポンスボディ

XNUMXつの動画IDを指定した場合、レスポンスの本文にはXNUMXつのアイテムオブジェクトが含まれます。 複数の動画IDを指定する場合、 items 配列には複数のアイテムオブジェクトが含まれます。 これは次のようになります。

{
 "account_id": "1752604059001",
 "viewer_id": "user001",
 "items": [
  {
   "timestamp": 1589896539910000,
   "video_id": "6156696074001",
   "playhead_seconds": 39
  }
 ],
 "size": 1
}

サーバー側プロキシの使用

プロキシは、クライアント側アプリケーションとREST APIの間の仲介役として機能するサーバー側アプリケーションです。 ここにいくつかの役立つリンクがあります:


ページの最終更新日:26年2020月XNUMX日