サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    XDR API からの再生位置の取得

    このトピックでは、クロスデバイス再開 (XDR) API からユーザーの再生位置を取得する方法について説明します。

    概要

    クロスデバイス再開を使用すると、1 つのデバイスでビデオの視聴を開始し、後で別のデバイスで中断したビデオの視聴を続けることができます。

    Cross-Device Resume(XDR)APIはクライアント側のアプリから呼び出すことができないため、呼び出しを行って再生位置の値を返すには、サーバー側のプロキシを作成する必要があります。

    再生位置の取得

    ビューアの再生位置を取得するには、クロスデバイスレジューム(XDR)API

    クロスデバイス再開 (XDR) API

    Cross-Device Resume APIを使用すると、特定のビューアのすべての再生ヘッドの位置、または特定のビューアとビデオのすべての再生ヘッドを取得できます。

    ベース URL

    API のベース URL は次のとおりです。

    https://data.brightcove.com/v1/xdr

    アカウントパス

    いずれの場合も、特定の Video Cloud アカウントに対してリクエストが行われます。したがって、あなたは常にベースURLにアカウントIDが続く用語アカウントを追加します。

    https://data.brightcove.com/v1/xdr/accounts/{accountID}

    認証

    リクエストのアクセストークンが必要で、Authorization ヘッダーに存在する必要があります。

    Authorization: Bearer {access_token}

    アクセストークンは、一時的な OAuth2 アクセストークンで、Brightcove OAuth サービスから取得する必要があります。クライアントクレデンシャルを取得してアクセストークンを取得する方法の詳細については、「 Brightcove OAuth の概要」を参照してください。

    権限

    Cross-Device Resume APIへのリクエストは、クライアントの資格情報次の権限を持つ:

    • video-cloud/xdr/read

    これらの権限は、Studio管理UIではまだ使用できないことに注意してください。彼らがそうなるまで、あなたはこれを使うことができますBrightcove LearningServicesアプリクライアントの資格情報を作成します。必ず確認してくださいvideo-cloud/xdr/read資格情報を作成するときのボックス(他のボックスはいくつでもチェックできます)。

    API メソッド

    Cross-Device Resume APIは、次のリクエストをサポートしています。詳細については、クロスデバイスレジューム(XDR)APIリファレンス

    ビューアの再生ヘッドを取得する

    このリクエストは、視聴者のすべての再生ヘッドを取得します。

    GET /accounts/{accountID}/playheads/{viewerID}
    レスポンス本文

    応答本文には、一連のビデオと再生ヘッドが含まれています。これは次のようになります。

    {
      "account_id": "1752604059001",
      "viewer_id": "user001",
      "items": [
        {
        "timestamp": 1589548991563000,
        "video_id": "6152436480001",
        "playhead_seconds": 17
        },
        {
        "timestamp": 1589548858719000,
        "video_id": "6152440604001",
        "playhead_seconds": 3
        }
      ],
      "size": 2
      }

    視聴者の動画再生ヘッドを入手する

    このリクエストは、視聴者と特定の動画のすべての再生ヘッドを取得します。

    GET /accounts/{accountID}/playheads/{viewerID}/{videoID}

    レスポンス本文

    1つのビデオIDを指定すると、応答本文には1つのアイテムオブジェクトが含まれます。複数の動画IDを指定した場合、items配列には複数のアイテムオブジェクトが含まれます。これは次のようになります。

    {
      "account_id": "1752604059001",
      "viewer_id": "user001",
      "items": [
        {
        "timestamp": 1589896539910000,
        "video_id": "6156696074001",
        "playhead_seconds": 39
        }
      ],
      "size": 1
      }

    サーバー側プロキシの使用

    プロキシは、クライアント側アプリケーションとRESTAPIの間の仲介役として機能するサーバー側アプリケーションです。ここに役立つリンクがあります: