サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    ビデオレンディションインスペクタ

    このトピックでは、CMS APIアカウント内のすべての動画のレンディションを検査します。

    概要

    このツールは、次の内容を含むレポートを生成します。

    • 動画の数を示す概要番号 HLSまたはMP4レンディション、あるいはその両方
    • HLS および MP4 (HTTP) レンディション (それぞれのビットレートの範囲とフレームサイズ) を示す各ビデオのレポート

    この目的は、HLS や MP4 レンディションを作成するためにトランスコードする必要がある動画を特定することで、スマートプレーヤーから Brightcove Player に移行する準備をできるようにすることです。

    資格情報を取得する

    BrightcoveのRESTfulAPIのほとんどと同様に、CMS APIリクエストを承認するには、OAuthアクセストークンが必要です。アクセストークンを取得するには、まず、要求する操作の種類に対するアクセス許可を持つクライアント資格情報を取得する必要があります。

    1. 認証情報を取得するには、「 API 認証情報の管理」の手順に従います。これは、クライアントの資格情報を取得するための推奨方法です。このサンプルに必要なのはVideo Read権限がありますが、ほとんどの場合、すべての権限を取得する必要があります。
      必要なアクセス許可

      以下のガイドのいずれかの手順に従って、OAuth API を使用して認証情報を取得することもできます。

    レンディションインスペクタ

    以下のアプリを使用して、アカウント内のすべての動画のレンディションに関するレポートを生成できます。HLS または HTTP MP4 (プログレッシブダウンロード) レンディションのないビデオは、新しいプレーヤーでうまく機能するには、再変換する必要があります。低ビットレートの HLS レンディションしかない動画も再変換する必要があります。

    ペンを見るビデオレンディションインスペクター Brightcove Learning Services( @ rcrooks1969) オンCodePen

    CodePen を使用する

    上記のCodePenを効果的に使用するためのヒントは次のとおりです。

    • [ 結果 ] ボタンをクリックして、アプリの実際の表示を切り替えます。
    • HTML/CSS/JS ボタンをクリックして、コードタイプの 1 つを表示します。
    • 右上隅にある CodePen の編集をクリックして、この CodePen を自分のアカウントにフォークします。

    プロキシコード

    このページのサンプルアプリを独自のバージョンで作成するには、独自のプロキシを作成してホストする必要があります。(ブライトコーブラーニングサービスで使用されるプロキシは、ブライトコーブのドメインからのリクエストのみを受け付けます)。サンプルプロキシは、私たちが使用しているものと非常に似ていますが、BrightCove 以外のドメインからのリクエストをブロックするチェックがないサンプルプロキシは、この GitHub リポジトリにあります。また、そこで使用するための基本的な手順と、 REST API の使用で説明されているプロキシの周りにアプリを構築するためのより精巧なガイドがあります。