サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    360 度ビデオプロパティの設定

    このトピックでは、CMS API を使用して 360° ビデオプロパティを設定する方法について説明します。Postman インターフェイスを使用して、リクエストを送信し、API からの応答を表示します。

    概要

    ビデオを360°ビデオとして識別するには、projectionプロパティを設定する必要があります。このプロパティを設定することができますStudioでメディアモジュールを使用する、またはこのトピックに示すようにプログラムで実行できます。

    このトピックでは、次のタスクを実行します。

    クライアント認証情報を取得する

    Brightcove ブ API を使用するには、使用するアカウントと API のクライアント認証情報が必要です。

    1. API 認証資格情報の管理」の指示に従って、Studioでクライアントの認証情報を取得します。以下の手順では、Postmanを使用してPlayer Management APIリクエストを行うため、認証情報には少なくとも次の権限が必要です。
      • CMSビデオの読み取り/書き込み

      追加のアクセス許可をいくつでも追加して、より広い範囲の API リクエストに使用できる認証情報を取得できます。また、必要に応じて、複数のアカウントで機能する資格情報が得られます。

    ビデオ情報を取得する

    ビデオをVideoCloud Studioにアップロードすると、CMSAPIからビデオ情報を取得する準備が整います。動画のアップロードについては、アップロードモジュールを使用した動画のアップロード資料。

    1. Postmanアプリを開きます。
    2. Video Cloudアカウントの新しいアクセストークンを取得し、トークンを使用するボタン。
      アクセストークン
      アクセストークン
    3. 作る取得する CMS APIへのリクエスト、 IDでビデオを取得構文。これを行うには、次のURLをに入力します。リクエストURLを入力してくださいフィールド、アカウントIDを{account_id}とあなたのビデオID {video_id}
          https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}
    4. メソッドをGETのままにして、を選択します送信
      GET リクエスト
      GET リクエスト
    5. 応答本文には、投影プロパティ。
      応答を取得
      応答を取得

    360°ビデオのプロパティを設定する

    ビデオが360°ビデオであることを示すために、投影プロパティはに設定する必要があります正距円筒図法

    1. Postmanアプリに戻ります。新しいアクセストークンを取得する必要がある場合があります。
    2. 選択するパッチ前のセクションと同じURL構文を使用して、HTTPメソッドとして。
      パッチリクエスト
      パッチリクエスト
    3. クリックヘッダーボタンをクリックし、キー-値ペアContent-Type-application / json。入力領域に入力を開始するだけで、指定された値を選択できるオプションが提供されます。
      ヘッダーを追加
      ヘッダーを追加
    4. クリック URLのすぐ下のセクション、次にラジオボタン:
      リクエスト本文
      リクエスト本文
    5. 生データの場合は、本文に次の JSON コードを入力します (JSON に続くスクリーンショットは、リクエストの表示方法を示しています)。
          {
              "projection" : "equirectangular"
          }
      パッチボディ
      パッチボディ
    6. クリック送信
    7. 応答本文で、の値が投影プロパティが設定されました。
      パッチ応答
      パッチ応答

      これで、ビデオを360°ビデオとして再生する準備が整いました。