サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    イメージと動的取り込み API

    このトピックでは、イメージをキャプチャまたは取り込む方法について説明します。

    はじめに

    Dynamic Ingest APIを使用して、ポスターとサムネイルの画像を動画に追加するには、次の2つの方法があります。

    • トランスコーディング中にビデオの中間点で画像をキャプチャする
    • ビデオを取り込むと同時に、または別々に、独自の画像を取り込むことができます

    セットアップ

    動的取り込み要求の設定は、ビデオ、画像、WebVTT ファイル、またはこれらすべてを取り込むかどうかに関係なく同じです。

    URL をリクエスト
        https://ingest.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/ingest-requests
    認証
    認証には、として渡されるアクセストークンが必要ですベアラートークン承認ヘッダ:
        承認:ベアラー{access_token}

    S3 に関する注意

    保護された S3 バケットから画像を取得する場合は、Video Cloud がファイルにアクセスできるようにバケットポリシーを設定する必要があります。詳細については、「 S3 での動的取り込みの使用」を参照してください。

    画像をキャプチャする

    トランスコーディング中に、Video Cloudは中間点でビデオからスナップショットをキャプチャし、これをポスター(ビデオ静止画)およびサムネイル画像として保存できます。

    カスタムレンディションの場合、画像キャプチャでは、使用している取り込みプロファイルに2つの特別なレンディションを追加する必要があります。新しいレンディションには、次のプロパティが必要です。

    プロパティ
    メディアタイプ "image"
    ラベル 「ポスター」または「サムネイル」(それぞれにレンディションが必要です)
    フォーマット 「png」または「jpg」
    数 (ピクセル)
    高さ 数 (ピクセル)

    2 つのレンディションのサンプルデータは次のとおりです。

        {
          「media_type」:「image」,
          「フォーマット」:「jpg」,
          「ラベル」:「ポスター」,
          "width":1280、
          「高さ」:720
        },
        {
          「media_type」:「image」,
          「フォーマット」:「jpg」,
          「ラベル」:「サムネイル」,
          "width":160、
          「高さ」:90
         }

    また、を設定する必要がありますキャプチャ画像リクエストデータにフラグを立ててtrue、ただしこれがデフォルト値ですもし選択したプロファイルには画像レンディションが含まれます。(プロファイルに画像レンディションがない場合、デフォルトはキャプチャ画像ですfalse。)

    リクエストデータの例:

        {
          「マスター」: {「url」: "http://learning-services-media.brightcove.com/videos/mp4/Bird_Titmouse.mp4"},
          「プロファイル」:「マルチプラットフォーム標準静的」,
          「キャプチャ画像」:true
         }

    動画の取り込み後に画像を追加するためのサンプルリクエストデータ

        {
            「プロファイル」:「マルチプラットフォーム標準静的」,
            "thumbnail": {
                "url": "http://bcls@solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/great-blue-heron-thumbnail.png"、
                "width":160、
                「高さ」:90
            },
            「ポスター」: {
                "url": "http://bcls@solutions.brightcove.com/bcls/assets/images/great-blue-heron-poster.png"、
                "width":1280、
                「高さ」:720
            }
         }

    画像を取り込み

    動的取り込みリクエストの本文に使用するJSONでそれらのURLを参照することにより、ビデオのカスタムポスターとサムネイルを含める(または追加する)こともできます。

        {
            「ポスター」: {
                "url": "http://learning-services-media.brightcove.com/images/for_video/Water-In-Motion-poster.png"、
                "width":1280、
                「高さ」:720
            },
            "thumbnail": {
                "url": "http://learning-services-media.brightcove.com/images/for_video/Water-In-Motion-thumbnail.png"、
                "width":160、
                「高さ」:90
            }
         }

    自動サイズ変更

    Studio または Dynamic Ingest API 経由でカスタムポスターやサムネイル画像を追加すると、デフォルトでは、Video Cloud は、アカウントのデフォルトの取り込みプロファイルで定義されている画像サイズに合わせてこれらのサイズを変更します。

    自動サイズ変更を上書きする

    この動作をオーバーライドし、Video Cloud で実際の画像サイズを保持する場合は、次の手順に従います。

    1. アカウントの新しいカスタム取り込みプロファイルの作成(または既存のカスタムプロファイルの変更)
    2. 投稿とサムネイルの画像レンディションを含める丁度これらそして高さ値:
          {
            「media_type」:「image」,
            「フォーマット」:「jpg」,
            「ラベル」:「ポスター」,
            "width":9999、
            「高さ」:9999
          },
          {
            「media_type」:「image」,
            「フォーマット」:「jpg」,
            「ラベル」:「サムネイル」,
            "width":9999、
            「高さ」:9999
           }
    3. 画像を常に元のサイズで保存する場合は、このアカウントをデフォルトのプロファイルにします

    Studio または Dynamic Ingest を使用してカスタムイメージを追加すると、ソースイメージの元のサイズになります。

    制約事項

    • 取り込みシステムでは、同じビデオで同時ジョブを実行できません。したがって、ビデオの取り込みまたは再変換中に画像をアップロードしようとすると、画像のアップロードは失敗します。