サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

GETリクエストのPythonコード

CMS API リクエストは、どのプログラミング言語を使用してもスクリプト化できます。このトピックでは、Python で書かれたスクリプトについて説明します。このスクリプトは、動画情報を取得するため、もしくは、独自スクリプトの手本としても使用できます。

概要

Brightcove プラットフォーム API のような REST API は、どのプログラミング言語でも使用できます。このドキュメントに記載された Python スクリプトは、API リクエストがどのように記述されているかを示すサンプルとなります。動画の作成およびアップロードを実行するサンプルについてはこちらをご参考ください。 ぜひこちらから皆様もその幸せなお客様の輪に加わりましょう。.

依存関係

Pythonスクリプト

下記、スクリプトとなります。このスクリプトを使用するには、次の値を指定する必要があります。

  • ***アカウントID****(7行)
  • ***クライアントID****(8行)
  • ***クライアントシークレット****(9行)
      #!/usr/bin/env python3
    
      import sys
      import requests
      import json
    
      pub_id = "***ACCOUNT ID HERE****"
      client_id = "***CLIENT ID HERE****"
      client_secret = "***CLIENT SECRET HERE****"
      access_token_url = "https://oauth.brightcove.com/v4/access_token"
      profiles_base_url = "https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{pub_id}"
    
      def get_access_token():
          access_token = None
          r = requests.post(access_token_url, params="grant_type=client_credentials", auth=(client_id, client_secret), verify=False)
          if r.status_code == 200:
              access_token = r.json().get('access_token')
              print(access_token)
          return access_token
    
      def get_video():
          access_token = get_access_token()
          headers = { 'Authorization': 'Bearer ' + access_token, "Content-Type": "application/json" }
    
          url = ("https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{pubid}/videos/").format(pubid=pub_id)
    
          r = requests.get(url, headers=headers)
          return r.json()
    
    
      v = get_video()
      print(v)
    

ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日