サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    GETリクエストのPythonコード

    CMS API リクエストは、任意の言語を使用してスクリプト化できます。ここでは、Pythonで書かれたスクリプトを提供します。これは、動画を取得したり、独自のスクリプトのモデルとして使用したりできます。

    はじめに

    Brightcove プラットフォーム API のような REST API は、どの言語でも使用できます。ここに含まれている Python スクリプトは、リクエストをまとめる方法を示すサンプルの 1 つにすぎません。ここにビデオを作成して取り込むためのPOSTリクエストの別のサンプルがあります

    依存関係

    Pythonスクリプト

    以下の要点に、スクリプトを示します。これを使用するには、次の値に独自の値を指定する必要があります。

    • ***アカウント ID はこちら**** (7 行目)
    • ***クライアント ID はこちら**** (8 行目)
    • ***クライアントの秘密はこちら**** (9行目)
          #!/usr/bin/env python3
        
          import sys
          import requests
          import json
        
          pub_id = "***ACCOUNT ID HERE****"
          client_id = "***CLIENT ID HERE****"
          client_secret = "***CLIENT SECRET HERE****"
          access_token_url = "https://oauth.brightcove.com/v4/access_token"
          profiles_base_url = "https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{pub_id}"
        
          def get_access_token():
              access_token = None
              r = requests.post(access_token_url, params="grant_type=client_credentials", auth=(client_id, client_secret), verify=False)
              if r.status_code == 200:
                  access_token = r.json().get('access_token')
                  print(access_token)
              return access_token
        
          def get_video():
              access_token = get_access_token()
              headers = { 'Authorization': 'Bearer ' + access_token, "Content-Type": "application/json" }
        
              url = ("https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{pubid}/videos/").format(pubid=pub_id)
        
              r = requests.get(url, headers=headers)
              return r.json()
        
        
          v = get_video()
          print(v)