サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

概要:クロスデバイスの再開

このトピックでは、Brightcoveのクロスデバイスレジューム(XDR)機能について学習します。

概要

Brightcoveのクロスデバイスレジューム(XDR)機能を使用すると、あるデバイスでビデオの視聴を開始し、ビデオを一時停止し、後で別のデバイスで視聴を続けることができます。 再生を再開すると、中断したところから視聴を続けます。 これにより、コンテンツの一部をシームレスに表示できます。

XDRサービスは、最新の再生位置を含むユーザーの表示アクティビティを保存します。 この情報は、任意のデバイスで再生を再開するために使用されます。

BrightcoveのXDR機能:

  • 顧客のWebサイトおよびモバイルデバイスアプリと統合
  • デスクトップおよびモバイルデバイスでRESTベースのAPIとネイティブ言語呼び出しを使用します
  • に保存されているコンテンツで動作します Video Cloud ライブラリ
  • プレイ位置情報を90日間保持します
  • GDPRおよびCOPPAコンプライアンスに準拠

要件

クロスデバイスレジュームを使用するには、以下が必要です。

  • の最新バージョンを使用する必要があります Brightcove Player クロスデバイスレジュームをサポートするネイティブSDK。
  • 再生位置を取得するためのREST APIリクエストを行うには、サーバー側アプリケーションが必要です。

アカウント設定

アカウントをクロスデバイスで再開できるようにするには、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

プロセスフロー

この機能により、視聴者はXNUMXつのデバイスで視聴を開始し、一時停止して、別のデバイスで視聴を続けることができます。

ステップ1

視聴者が動画を見ると、 player 視聴されているビデオの再生ヘッド位置を継続的に記録します。 この情報はXDR APIに格納されます。

再生ヘッドの位置を記録する
再生ヘッドの位置を記録する

ステップ2

視聴者が別のデバイスでビデオの視聴を再開すると、再生ヘッドの位置がXDR APIから取得されます。 再生は、視聴者が中断したところから再開します。

再生を再開
再生を再開

実装

クロスデバイスレジュームを実装するには、次の手順に従います。

  1. ビューアデータはBrightcoveアナリティクスに自動的に送信されますが、ユーザー識別子を設定する必要があります。

    XDR APIに送信および保存される情報には、次のものが含まれます。

    • userID:エンドビューアID
    • assetID:ビデオID
    • 再生ヘッド:秒単位の位置

    ユーザーの設定については、手順3のリンク先のドキュメントをご覧ください。

  2. XDR APIにリクエストを送信して、視聴者の再生位置を取得します。 再生位置のREST APIリクエストを行うには、サーバー側アプリケーションが必要です。

    XDR APIへのリクエストは、以下に基づいて再生位置を秒単位で返します。

    • アカウントID: Video Cloud アカウントID
    • userID:エンドビューアID
    • assetID:ビデオID

    詳細については、以下を参照してください。

  3. アプリケーションで再生を再開します。 詳細については、以下を参照してください。


ページの最終更新日:07年2020月XNUMX日