サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

リモートアセット

このトピックでは、ビデオ、レンディション、マニフェスト、画像、WebVTTテキストトラックなどのリモートアセットを追加する方法を学習します。 Video Cloud CMS API。 このトピックでは、ビデオを設定し、リモートアセットを追加、更新、および削除する方法について説明します。

概要

リモート資産は、主に 資産運用以下にいくつか例外があります。 アセットのGET操作は、取り込まれたアセットとリモートアセットの両方に使用できます。

承認

ワークフロー

リモートアセットを設定する手順は次のとおりです。

リモート資産ワークフロー
リモート資産ワークフロー

次のセクションでは、これらの手順のそれぞれについて説明します。

ビデオを作成する

リモートアセットを追加する前に、 Video Cloud メディアライブラリ、POSTリクエストを使用して:

      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos
      
      

リクエスト本文には、最小限の動画名を含むJSONオブジェクトが含まれていますが、追加のメタデータが含まれている可能性があります。

      {
        "name": "My Remote Video",
        "description": "A short description of the video",
        "tags": ["remote", "fall_campaign"],
        "reference_id": "myUniqueReferenceID"
      }
      
      

ビデオの作成操作の詳細については、 APIリファレンス.

レンディションを追加

次に、1つまたは複数の全長リモートビデオレンディションを追加して、POST要求を行い、

      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/renditions
      
      

リクエスト本体のJSONには最小限のリモートURLが含まれている必要がありますが、レンディション用の他のメタデータが含まれている可能性があります。

      {
        "video_duration": 31487,
        "name": "RA - Great Blue Heron",
        "remote_url": "//learning-services-media.brightcove.com/videos/mp4/greatblueheron.mp4",
        "encoding_rate": 983000,
        "frame_height": 360,
        "size": 3887659,
        "frame_width": 640,
        "video_codec": "h264",
        "video_container": "MP4",
        "progressive_download": true
      }
      
      

ノート

  1. このエンドポイントは、全長ビデオレンディション(通常は.mp4または.movファイル)を追加する場合にのみ使用します。HLSまたはDASHなどのセグメント化ストリームを追加する場合は、次のセクションで説明するマニフェストエンドポイントを使用します。
  2. Video Cloud リモートのビデオファイルを検査しないので、追加のメタデータを提供すると有効になります Video Cloud この情報をStudio(またはBrightcove)に表示するには player、構成する場合 player メタデータを表示します)。

    追加演奏操作の詳細については、 APIリファレンス.

  3. リモートアセットのレンディションには、 video_codec video_container フィールドが正しく機能するようにします。
  4. MP4レンディション しなければなりません 持っています "progressive_download": true Brightcoveで正しく機能するように設定されたフィールド player
  5. 混合アセットは許可されていません - 取り込まれたビデオにリモートレンディションを追加することはできません
  6. CDNまたは他のリモートリポジトリでHTTPとHTTPSの両方の配信がサポートされている場合は、リモートアセットのURLを プロトコルに依存しないURL 上記の例に示すように(つまり、 "http://my.domain/path/ ..."の代わりに "//my.domain/path/ ..."を使用してください)

マニフェストを追加

DASHやHLSレンディションなどのリモートセグメント化タイプを追加するには、ビデオを作成してからマニフェストを追加する必要があります。 Studio上ではサポートされていません。 前のセクションで説明したように「レンディションを追加する」必要があります。

全長のレンディションを追加するだけでなく、HLS、HDS、ISMなどのセグメント化されたレンディションのマニフェストを、エンドポイントにマニフェストタイプのPOST要求を行うことで追加することもできます。

      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/hls_manifest
      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/hds_manifest
      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/ism_manifest
      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/ismc_manifest
      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/dash_manifests
      
      

リクエスト本体JSONに、リモートURLと名前を指定します(オプション)。

      {
        "remote_url": "http://learning-services-media.brightcove.com/avideo/hls/chickadee/chickadee.m3u8",
        "name": "chickadee_hls"
      }
      
      

追加マニフェスト操作の使用の詳細については、APIリファレンスの関連するセクションを参照してください。

ポスター/サムネイルを追加

これらのエンドポイントにPOSTリクエストを行うことで、ビデオにリモートポスターとサムネイルを追加できます。

      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/poster
      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/thumbnail
      
      

リクエスト本体JSONでは、イメージのリモートURLを含める必要があります。必要に応じて名前を追加できます。

      {
        "remote_url": "http://learning-services-media.brightcove.com/images/great-blue-heron-poster.png"
      }
      
      

操作の詳細については、APIリファレンス:

テキストトラックを追加する

テキストトラックを使用して、キャプション、チャプター、その他の時間ベースのメタデータをビデオに追加することができます。

レンディションや画像とは異なり、テキストトラックはリモートアセット動画と同様に扱われます。 Video Cloud システム。 実際にテキストトラックをビデオに追加するには、StudioでMediaモジュールを使用する必要があります。 CMS API ビデオ操作の更新.

リモコンを摂取したものに交換する

リモートアセットビデオを取り込んだアセットビデオに置き換えるには、 Dynamic Ingest API:

      https://ingest.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/ingest-requests
      
      

最も単純なリクエストボディは次のようになります。

      {
        "master": {
          "url": "http://host/master.mp4"
        }
      }
      
      

見ます Dynamic Ingest API 参照 その他のオプションと情報については、

リモートアセットビデオの一般的な用途のXNUMXつは、ライブストリーミングイベントで使用するプレースホルダービデオを作成することです。 イベントが完了したら、「ライブ」ビデオを、同じ場所に表示されるイベントのビデオオンデマンドレコーディングで置き換えることができます。 player ライブストリームに使用しました。 上記の方法を使用してこれを行うことができますが、リモートアセットビデオを取り込み先のビデオに変換することもできます。 Video Cloud.

アセットを変更する

ビデオのリモートアセットの追加に加えて、アセット情報の取得、更新、および削除の操作もあります。 これらの操作では、前述のエンドポイントを使用しますが、GET、PATCH、またはDELETE要求を使用します。 更新要求と削除要求の場合、URLを要求するには、アセットID(POSTとGET要求への応答に含まれています)を追加する必要があります。

      https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/assets/{asset_type}/{asset_id}
      
      

見ます APIリファレンス get、update、およびdelete操作の詳細については、


ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日