サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    自動のオプトアウト Player 更新版

    このトピックでは、自動をオプトアウトする方法について説明します player 更新、および設定 player 特定のバージョンに。

    注:この文書では、curlステートメントを使用して、 Player Management API。 curlステートメントでは、次の値が表示されます。 $ EMAIL, $ ACCOUNT_ID$PLAYER_ID。 これらの名前で環境変数を作成し、対応する値を割り当てるか、変数のリテラル値を指定する必要があります。

    自動的に player アップデート

    デフォルトでは、Brightcoveはすべてを自動的に更新します player■顧客が必要とする努力なしに新機能や修正を利用できるように、定期的に。 Brightcoveは、ほとんどの場合、アップデートのオプトアウトを推奨していませんが、ブライトコーブは、時々、一部のお客様が playersはまったく変更されないままです(たとえば、大きなイベントに備えて厳格なテストを行っており、変更のリスクを冒したくない場合など)。

    自動更新のオプトアウト

    オプトアウトする必要がある場合 player 一定期間更新する場合、最も簡単な方法は、パッチをパッチに適用することです。 playerの設定。 次のcurlステートメントはこのタスクを実行します。

        curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
            "player": {
                "template": {
                  "locked": true
                }
            }
        }' \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    これにより、ロックされた設定がプレビューに追加されます player。 PATCHは最初はプレビューのみに影響します player、したがって、あなたはあなたの player。 これはStudioで、または次のcurlステートメントを使用して実行できます。

        curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request POST \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/publish

    自動更新のオプトイン

    アップデートを取り消す準備が整ったら、別のアップデートを適用して設定するだけです locked 〜へ false その後、再発行します player。 まず、lockedをfalseに変更します。

        curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
          "player": {
            "template": {
              "locked": false
            }
          }
            }' \
            https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    プレビューが更新されます player 現在に player テンプレートのバージョンが現在のバージョンと異なる場合。 プレビューでテストする必要があります player この呼び出しによって返されるURLは、 player まだ期待どおりに機能します。 満足したら、次に公開します player 新しい player 公開する:

        curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request POST \
        https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/publish

    特定のバージョンに切り替える

    あなたはあなたを切り替えることを望むかもしれません player 特定のバージョンに。 更新をオプトアウトする可能性がありますが、更新をオプトアウトした後に作成された特定のバージョンを使用したい場合があります。 これを行うには、次のcurlステートメントを使用します。もちろん、特定のバージョンの player あなたが欲しい:

        curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
          "player": {
            "template": {
              "version": "1.14.11"
            }
          }
            }' \
            https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    同時にバージョンを設定し、アップデートをオプトアウトすることができます。

        curl \
        --header "Content-Type: application/json" \
        --user $EMAIL \
        --request PATCH \
        --data '{
          "player": {
            "template": {
              "version": "1.14.11",
              "locked": true
            }
          }
            }' \
            https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/configuration

    他のPATCH更新と同様に、 player 変更に満足したら:

        curl \
        --header "Content-Type: application/json"cp
        --user $EMAIL \
        --request POST \
            https://players.api.brightcove.com/v2/accounts/$ACCOUNT_ID/players/$PLAYER_ID/publish

    ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日