サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    デジタルマスター削除 API

    このトピックでは、CMS API を使用してビデオのデジタルマスターを削除する方法について説明します。

    はじめに

    ザ・CMS API Video Cloudカタログのデジタルマスター(ビデオのソースファイル)を削除する機能があります。これにより、1回限りのクリーンアップタスクを実行して、管理対象コンテンツのサイズを小さくすることができます。

    マスターがどのようにアーカイブされるか、およびマスターがアーカイブされないようにする方法を理解するには(それが必要な場合)、を参照してください。アーカイブマスター

    要件

    • デジタルマスターの削除は、CMS APIのみ -このオプションはStudioでは使用できません。

    マスターを削除することの意味

    先に進む前に、デジタルマスターを削除することの次の意味を理解してください。

    • マスターが削除された後は、ビデオを再トランスコードできなくなります。新しいレンディションが必要な場合は、ビデオを置き換える必要がありますスタジオまたは動的取り込みAPI
    • バッチプロビジョニング(非推奨)によるビデオの管理は機能しなくなります。使用CMSそして動的取り込み代わりにAPI。
    • デジタルマスターの削除はパーマネント操作。私達できません削除されたデジタルマスターを復元します。

    手順:デジタルマスターを削除する

    デジタルマスターを削除するには、次の手順に従います。

    1. 必ずあなたはマスターのあなた自身のコピーを持っていますあなたがそれを必要とする場合に備えて。
    2. ビデオを再トランスコードする必要がある場合は、マスターを削除する前に再トランスコードしてください。マスターが削除された後ビデオを再トランスコードすることはできなくなります。
    3. 操作に必要なクライアント資格情報を取得します。クライアントの資格情報には、次の操作のアクセス許可が含まれている必要があります。
            [
                "video-cloud/asset/delete",
                "video-cloud/video/read"
            ]

      これらの権限はないスタジオUIで利用できるため、を使用する必要がありますOAuth APIそれらを取得します。以下は、強調表示されたアイテムを独自の情報に置き換えた場合に機能するcURLコマンドです。

            curl --request POST \
              --url https://oauth.brightcove.com/v4/client_credentials \
              --header 'authorization: BC_TOKEN YOUR_BC_TOKEN' \
              --header 'content-type: application/json' \
              --data '{
              "type": "credential",
              "maximum_scope": [
                {
                  "identity": {
                    "type": "video-cloud-account",
                    "account-id": YOUR_ACCOUNT_ID
                  },
                  "operations": [
                "video-cloud/asset/delete",
                "video-cloud/video/read"
            ]
                }
              ],
              "name": "Delete-Masters"
            }'

      BC_TOKENを取得するには、Studioページを開き(アカウントの管理者である必要があります)、ブラウザーでJavaScriptコンソールを開き、以下のJavascriptコードを貼り付けて、returnキーを押します(Enterキーを押します)。

            var cookiesArray = document.cookie.split(";"), cookiesObj = {}, i, tmpArray = [];
            for (i = 0; i < cookiesArray.length; i++) {
                tmpArray = cookiesArray[i].split("=");
                if (tmpArray[0].indexOf('BC_TOKEN') > -1) {
                    cookiesObj.BC_TOKEN = tmpArray[1];
                }
            }
            window.prompt("BC_TOKEN:", cookiesObj.BC_TOKEN);
    4. クライアント資格情報を使用してアクセストークンを生成する
    5. これらのエンドポイントを使用してデジタルマスターを削除します。
      マスターを削除
      ベース URL
            https://cms.api.brightcove.com/v1
      方法 DELETE
      終点
            /accounts/accountID/videos/videoID/digital_master
      ヘッダー
            Authorization: Bearer Authorization: Bearer {access_token}
      応答 204 NO_CONTENT(204は、削除操作の標準応答であり、操作が成功したか、アセットがすでに削除されていることを示します。)