サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    アクセストークンを取得する

    このサンプルは、Brightcoveからアクセストークンを取得します OAuth API Webアプリケーションから、プロキシを介してリクエストを送信する

    賃貸システムの概要

    アクセストークンの取得は、Brightcove APIのほとんどの作業にとって重要な操作です。それらの大部分は、リクエストを認証するためにアクセストークンを使用するためです。

    アクセストークンの詳細については、 Brightcove OAuthサービスの仕組みアクセストークンの取得.

    このサンプルは、Webアプリケーションからアクセストークンを取得する方法を示しています。 なぜなら OAuth API CORS対応ではなく、サーバー側からのリクエストが必要な場合、アプリはプロキシに情報を送信し、プロキシは情報を送信してクライアントに返信します。 ここのプロキシはPHPで書かれていますが、サーバーサイドの言語であればどんなものでも構いません。インターネット経由でアプリにPOSTリクエストを送るだけでよいのです。

    OAuth 資格情報

    取得するには client_idclient_secretOAuthのUIにアクセスしてこのアプリを登録する必要があります:

    これらは、使用するAPIに必要な権限を選択します。

    API権限
    API権限

    CURL または Postman を介して資格情報を取得することもできます - 以下を参照してください:

    あなたが直接資格情報を取得している場合 OAuth APIを参照してください クライアント資格情報要求のAPI操作 さまざまなAPI操作に必要な権限が必要です。

    アクセストークンアプリを入手する

    ソースコード

    このサンプルに関連付けられているすべてのコードをこれで見つけます GitHubリポジトリ.

    サンプルアプリケーション

    ペンを見る OAuth API サンプル:アクセストークンを取得する ブライトコーブラーニングサービス(@rcrooks1969)上 コードペン.

    CodePenの使用

    上記のCodePenを効果的に使用するためのヒントをいくつか紹介します。

    • プレーヤーの実際の表示を切り替えるには、 Result ボタン。
    • ストリーミングを停止する場合は上部の HTML / CSS / JS ボタンを押して、1つのコードタイプを表示します。
    • ナビゲーションヘッダーの CodePenで編集 右上隅にあるこのCodePenを自分のアカウントにフォークします。
    • このサンプルに関連付けられているすべてのコードをこれで見つけます GitHubリポジトリ.

    プロキシコード

    このページのサンプルアプリで独自のバージョンを構築するには、独自のプロキシを作成してホストする必要があります。 (Brightcove Learning Servicesが使用するプロキシは、Brightcoveドメインからの要求のみを受け入れます。)以下は、オリジン制限のないバージョンのプロキシコードです。

        <?php
        /**
         * access-token-proxy.php - proxy for Brightcove RESTful APIs
         * gets an access token and returns it
         * Accessing:
         *         (note you should *always* access the proxy via HTTPS)
         *     Method: POST
         *
         * @post {string} client_id - OAuth2 client id with sufficient permissions for the request
         * @post {string} client_secret - OAuth2 client secret with sufficient permissions for the request
         *
         * @returns {string} $response - JSON response received from the OAuth API
         */
        
        
        // CORS enablement and other headers
        header("Access-Control-Allow-Origin: *");
        header("Content-type: application/json");
        header("X-Content-Type-Options: nosniff");
        header("X-XSS-Protection");
        
        // note that if you are using this proxy for a single credential
        // you can just hardcode the client id and secret below instead of passing them
        
        $client_id     = $_POST["client_id"];
        $client_secret = $_POST["client_secret"];
        $auth_string   = "{$client_id}:{$client_secret}";
        $request       = "https://oauth.brightcove.com/v4/access_token?grant_type=client_credentials";
        $ch            = curl_init($request);
        curl_setopt_array($ch, array(
                CURLOPT_POST           => TRUE,
                CURLOPT_RETURNTRANSFER => TRUE,
                CURLOPT_SSL_VERIFYPEER => FALSE,
                CURLOPT_USERPWD        => $auth_string,
                CURLOPT_HTTPHEADER     => array(
                    'Content-type: application/x-www-form-urlencoded',
                )
            ));
        $response = curl_exec($ch);
        curl_close($ch);
        
        // Check for errors
        if ($response === FALSE) {
            die(curl_error($ch));
            echo 'An error occurred';
        } else {
          echo $response;
        }
        
        ?>
        

    ページの最終更新日:10年2020月XNUMX日