サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    ベストプラクティス:CMS と再生 API

    このトピックでは、カタログ API (CMS および再生 API) の使用に関するベストプラクティスについて説明します。

    はじめに

    CMS と再生 API の両方で、Video Cloud ビデオデータにアクセスできます。このトピックの目的は、それらの違いと、それらを使用する際のベストプラクティスを理解することです。

    CMS と再生 API の違い

    CMS および Playback API は、同じ基になるビデオデータにアクセスします。ただし、それらの間にはいくつかの重要な違いがあり、特定の状況でどちらを使用するかを決定する必要があります。

    一般的に言えば、CMS API VideoCloudをCMSシステムと統合するなどのバックエンドでの使用を目的としています。再生APIは、プレーヤーまたはビデオポータル(Brightcoveプレーヤー)のビデオおよびプレイリストデータをフェッチするためのフロントエンドでの使用を目的としています。catalogそしてplaylist APIは、たとえば、PlaybackAPIを使用します)。

    次の表は、2 つの API の重要な違いを示しています。

    CMS 対再生
    項目 CMS API 再生API
    操作の種類 作成、読み取り、更新、削除 読み取り専用-Playback API を使用してデータを変更することはできません
    業務範囲 動画データのあらゆる側面を管理する 特定の動画や再生リストを取得したり、動画を検索する
    [ 認証] 一時的アクセストークン パーマネントポリシーキー
    データの鮮度 キャッシュなし、常に現在 最大 20 分間キャッシュされます。
    応答の速度 遅い より速い(キャッシュのため)
    アクセス サーバー側のみ (COR 無効) サーバー側またはクライアント側 (COR 有効)
    データ 動画と再生リストのリクエストにはビデオソース URL は含まれません。それらを取得するには、2 番目のリクエストが必要です 動画と再生リストのリクエストには、動画ソース URL が含まれます

    メディア URL の使用

    レンディション、イメージ、およびその他のアセットの URL は固定されていないことを理解することが重要です。Brightcove は、メディアアセットのストレージを随時再設定します。この場合、特定のアセットの URL が変更されます。ページやアプリ内のこれらのアセットへのハードコードされた URL に依存している場合、リンクはある時点で破損します。

    さらに、すべてのURLにはTTLコンテンツのセキュリティ上の理由からトークン。これは、URL が既定で 6 時間後に期限切れになることを意味します。トークンの寿命は最大365日まで延長できます-より長寿命のトークンが必要な場合は、 Brightcoveサポートに連絡する。ただし、TTLアセットがCDNによってキャッシュされる最大時間を反映しますが、トークンの有効期限が切れる前にURLが変更されないことを保証するものではありません。

    メディアへのリンクが壊れないようにする最善の方法は、実行時にVideoCloudからメディアを取得することです。 CMS APIまたは再生API

    URL のキャッシュ

    ランタイムAPIリクエストがオプションでない場合は、ローカルデータキャッシュからURLを取得することをお勧めします。このキャッシュは、少なくとも1日に1回、またはユーザーの有効期間内に更新されます。TTLトークンのいずれか短い方。

    参照 ID の競合

    このセクションは、CMS APIのみ。

    参照 ID の一意性を保証するために、は、割り当てられたビデオ上で何らかの操作を行った後、最大 3 分間 ID CMS APIをロックします。これにより、リクエストの失敗が早すぎる場合、または以前に割り当てられた動画を削除してからすぐに参照 ID を再利用しようとすると、409 エラーが返される可能性があります。詳細については、エラーメッセージリファレンスを参照してください