サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    概要: Dynamic Ingest API

    このトピックでは、 Dynamic Ingest API ビデオコンテンツをアップロードして管理する。

    API機能

    Brightcoveのダイナミックインジェスト(DI)APIは、ビデオソースファイルが顧客の保管場所からダウンロードされ、ソースファイルの指定されたレンディションが作成される機能に基づいています。 (するオプションもあります ソースファイルをアップロードする Dynamic Ingestがアクセスできる一時的な場所に移動します)。プラットフォームはクラウド中心で、グローバルに分散され、クラスの一貫性とスピードを提供するための最新のプラクティスに基づいています。

    ワークフローの概要

    多くのシステム/技術は、媒体の全体のトランスコードおよび記憶に使用されている。 彼らです:

    • コンテンツ管理システム(CMS)API:DI APIで使用するビデオオブジェクトを作成します。
    • Zencoder:複数のレンディションを作成するビデオをトランスコードする
    • アマゾンS3:プロファイル設定に基づいて、マスターとレンディションをストレージに移動します
    • カタログ:ビデオに関連する必要な情報を格納する

    最初のトランスコード後に、メディアで実行できる操作は次のとおりです。

    • 再トランスコード:マスターが存在するときに新しいレンディションを作成する(マスターが存在しない場合はエラー)
    • 交換します:新しいマスターを指すか、既存のマスターを交換する

    使用方式

    DI APIを使用すると、インジェストプロファイルの読み取りやアカウントへのインジェスト情報の書き込みなど、さまざまな操作を実行します。 以下は、DIタスクに必要な操作の完全なリストです。

    • video-cloud/video/create
    • video-cloud/video/read
    • video-cloud/video/update
    • video-cloud/ingest-profiles/profile/read
    • video-cloud/ingest-profiles/account/read
    • video-cloud/ingest-profiles/account/write
    • video-cloud/ingest-profiles/profile/write
    • video-cloud/upload-urls/read

    クライアントの資格情報を取得するには、Studioを使用します 管理ツール または次の文書のいずれかを参照してください。

    ベストプラクティス

    有効なソースの場所

    Dynamic Ingestは、HTTP / HTTPSまたはS3からのソースビデオファイルをプルすることができます - 認証の有無

    例:

    • http://example.com/path/to/input.avi
    • https://dl.dropboxusercontent.com/u/3641457/Bird_Titmouse.mp4
    • s3://my-bucket/video.mp4

    S3に関する注記

    あなたの動画が保護されたS3バケットにある場合は、 ダイナミックインジェストをS3で使用する ダイナミックインジェストがファイルにアクセスするためのアクセス許可を設定する方法の詳細については、

    プルベースのインジェストを使用する利点には、ワークフローが簡単で、独自のデジタルマスターのリポジトリが含まれています。 ただし、これがオプションではない場合は、 ソースファイルのアップロード Dynamic Ingestがアクセスできる一時的な場所にビデオやその他のアセットをアップロードすることができます。

    ソースファイル名

    すべての入力URLは、 RFC 3986 Brightcoveに送信されたとき。 これはつまり 予約された文字 URLのパスにはエンコードされたパーセントが含まれています(スペースは %20)、URLのクエリで見つかった予約文字はパーセントエンコードされています(スペースはエンコードされています + or %20および + コード化されて %2B).

    A 事前に署名された S3(v2 含まれています 署名, 期限AWSAccessKeyIdおよび v4 含まれています X-Amzアルゴリズム, X-Amz-Credential, X-Amz-Date, X-Amz-Expires, X-Amz-SignedHeadersおよび X-Amz-Signature)または GCS (含有 署名, 期限および GoogleAccessId)urlはすでに適切にエンコードされている必要があります。 そのまま使用することができます.

    動画の取り込み

    動画の取得には2つのAPI呼び出しが必要です。

    1. コー​​ル CMS API にビデオオブジェクトを作成する Video Cloud システムとそのIDを得る
    2. DI APIを呼び出してビデオソースファイルのURLを指定し、 インジェストプロファイル 使用する

    基本リクエストのサンプルセットは、次のようになります。

    CMS API 要求

    HTTPメソッド
    POST
    リクエストURL
    https://cms.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos
    ボディをリクエストする
        {
        "name": "My new video"
        }
        
        

    応答データには、ビデオ id これは次の要求で使用されます。

    インジェストAPIリクエスト

    HTTPメソッド
    POST
    リクエストURL
    https://ingest.api.brightcove.com/v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/ingest-requests
    ボディをリクエストする
        {
        "master": {
        "url": "http://host/master.mp4"
        },
        "profile": "high-resolution"
        }
        
        

    見ます クイックスタート API呼び出しの詳細については、 作業サンプル.

      CMS API ビデオを作成して Video Cloud システム、 CMS API 概要。 ビデオ name 必要であり、ビデオメタデータに含まれる名前やその他の文字列(たとえば、 description ) URIエンコードされている必要があります.

    サンプルアセット

    Brightcove Learning Servicesには、ダイナミックインジェストを開始する際に試すことができるサンプルアセットがいくつかあります。 これらのアセットには、複数の言語の短いビデオ、画像、およびWebVTTキャプションが含まれています。

    ビデオを置き換える

    ビデオを新しいバージョンまたは新しいレンディションセットに置き換えるには、 Dynamic Ingest API コールはまったく同じです 新しい動画を取り込む - 唯一の違いは、あなたが以前に電話をかける必要がないことです CMS API にビデオオブジェクトを作成する Video Cloud システムとIDを取得します。 指定されたURLのソースビデオファイルが最初に取り込まれたものと同じ場合、新しいレンディションセットが取得されます。 ソースファイルが新しい場合は、既存のビデオを置き換えます。 再トランスコーディングが完了するまで、すべてのビデオは既存のレンディションで再生可能なままです。

    見ます 作業サンプルはこちら.

    ビデオの再トランスコード

    あなたが選んだ場合 マスターをアーカイブする 動画を摂取したとき Dynamic Ingest API またはスタジオアップロードモジュールを使用すると、マスターからビデオを再トランスコードすることもできます。 再度、インジェストリクエストのURLは同じになりますが、リクエスト本文には次のものがあります。

        // request
        POST /v1/accounts/{account_id}/videos/{video_id}/ingest-requests
        // request body
        {
        "master": { "use_archived_master": true },
        "profile": "videocloud-default-v1"
        }
        
        

    画像

    あなたが使用することができます Dynamic Ingest API ビデオからポスター画像とサムネイル画像をキャプチャするか、独自の画像を追加します。 詳細については、 画像と Dynamic Ingest API.

    キャプションを取り込む

    Dynamic Ingestを使用して、WebVTTキャプションをビデオに追加したり、既存のビデオ用にアップロードすることもできます。 詳細は、 WebVTTファイルの取り込み.

    DRMおよびHLSe

    Dynamic Ingestは、BrightcoveでサポートされているDRMタイプを使用する動画を処理します。 HLSeもサポートされています。

    レンディションのアーカイブ

    デフォルトでは、すべてのビデオと画像のレンディションは自動的にアーカイブされます。 レンディションのアーカイブをオフにしたい場合は、 ブライトコーブサポートにお問い合わせください。 ご了承ください デジタルマスター それがインジェストプロファイルで指定されている場合はアーカイブされます。

    お知らせ

    1つ以上のコールバックURLを指定して、インジェストプロセスの結果の通知を受け取ることができます。 指定するURLは、POSTリクエストを受け入れることができるもの以上のものでなければなりません。 通知はJSON形式で送信されます。

    通知の受信と解釈の詳細は、 通知:動的インジェストと CMS APIs


    ページの最終更新日:15年2020月XNUMX日