サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    クイックスタート: Dynamic Ingest API

    このクイックスタートは、動的取り込み API を介して利用できる操作について理解するのに役立ちます。ザ・Dynamic Ingest APIビデオおよび関連するメディアアセットをVideoCloudに取り込むことができます。

    レート制限

    レート制限の詳細については、「ベストプラクティス」を参照してください。

    資格情報を取得する

    BrightcoveのRESTfulAPIのほとんどと同様に、Dynamic Ingest APIリクエストを承認するには、OAuthアクセストークンが必要です。アクセストークンを取得するには、まず、要求する操作の種類に対するアクセス許可を持つクライアント資格情報を取得する必要があります。このクイックスタートでは、Brightcove ラーニングサービスのサンプルアカウントで API リクエストを行うため、ここで認証情報を取得する必要はありませんが、何が起こっているのかを理解しておく必要があります。CodePenは、次のようなプロキシにAPIリクエスト情報を送信します。これです。プロキシはプライベートな場所からクライアントの資格情報にアクセスし、それらを使用して一時的なアクセストークンを生成します。 OAuth API次に、APIリクエストを作成し、レスポンスデータを返します。

    自分のアカウントでリクエストを試すには、クライアントの資格情報を取得して、 APIテストツール

    1. 認証情報を取得するには、「 API 認証情報の管理」の手順に従います。これは、クライアントの資格情報を取得するための推奨方法です。Dyanamic Ingestを使用するには、1つ作成する必要があることに注意してくださいCMS API POSTリクエストもあるので、取り込み許可に加えて、少なくともvideo/write権限:
      必要なアクセス許可
      必要なアクセス許可

      使用スタジオ管理ツールクライアントの資格情報を取得します。以下のガイドのいずれかの手順に従って、OAuth API を使用して認証情報を取得することもできます。

    CodePen

    使用結果さまざまなテストを行うための以下のCodePenのタブDynamic Ingest APIリクエストを送信し、リクエストと応答データがどのように表示されるかを確認します。

    ペンを見るDynamic Ingest APITester-動的配信 Brightcove Learning Services( @ rcrooks1969) オンCodePen