サポート サポートへのお問い合わせ | システムステータス システムステータス
ページコンテンツ

    条件付き出力

    このトピックでは、ソースファイルが特定の条件を満たさない場合にレンディションをスキップして、カスタム取り込みプロファイルに条件付き出力を作成する方法について説明します。

    制約事項

    なぜレンディションをスキップするのですか?

    レンディションをスキップすると、取り込むソースビデオの品質が大きく異なる場合に役立ちます。これは、たとえば、電話や現場の他のデバイスでキャプチャされたビデオを使用するニュース組織の場合によくあります。

    条件付き出力がない場合、動的取り込みシステムは、プロファイルで指定されているのとまったく同じ数のレンディションを作成します。

    たとえば、次の無条件のビデオレンディションを含むプロファイルを使用して、低品質のビデオ(ビデオビットレートが約820 kbps)を取り込んだとします。

    動画レンディション
    形式 音声ビットレート 動画ビットレート
    mp4 64 450
    mp4 96 900
    mp4 128 1700
    HLS 64 450
    HLS 96 700
    HLS 96 900
    HLS 96 1200
    HLS 128 1700
    HLS 128 2000

    Studioでの結果のレンディションは、次のようになります。

    低画質ビデオのレンディション
    低画質ビデオのレンディション

    最後の3つの(強調表示された)HLSレンディションはビットレートが同じであり、ビットレートは次善のHLSレンディションよりわずかに高いだけであることに注意してください。また、2つの最高のMP4レンディションのビットレートの違いは小さいことに注意してください。この理由は、トランスコーディングはソースのビットレートを改善できないためです。ここでのソースの平均ビットレートは約800 kbpsであるため、指定されたビットレートが高いレンディションは、その範囲内の何かになります(小さな違いが表示されます)セグメント化されたビデオ形式とセグメント化されていないビデオ形式の平均ビットレートの計算方法が異なるため)。

    したがって、セットの最後の4つのレンディションは本質的に冗長であり、「低品質」のレンディションよりも品質の向上はほとんどありませんが、とにかく作成および保存されます。これは、ソースが指定した品質基準に一致しない場合にレンディションが生成されないようにする条件付き出力を使用することで防ぐことができます。

    実装

    あなたは追加することができますskipいくつかのレンディションに反対します。ザ・skipオブジェクトには1つ以上の条件が含まれており、これらの条件が満たされない場合、レンディションは作成されません。

    使用上の注意

    1. 取り込みプロファイルしなければならないスキップできないレンディションを少なくとも1つ含めます。すべてのレンディションがスキップ可能なプロファイルを作成しようとすると、エラーが発生します。
    2. コンテンツタイプごとに少なくとも1つのレンディションが作成されるようにする必要があります。例は次のとおりです。
      • オーディオのみのレンディションとビデオレンディションの両方を作成する場合は、それぞれにスキップできないレンディションが必要です。
      • DRMを使用する場合は、そのDRMタイプ(スムーズ、HLS、DASHなど)で機能するフォーマットごとにスキップできないレンディションが必要です。

    構文

    の構文skipレンディション仕様に追加できるオブジェクトは次のとおりです。

                "skip": {
                    "condition1": "value1",
                    "condition2": 1300,
                    ...etc
                }

                "renditions": [
                    {
                      "media_type": "video",
                      "reference_id": "ts1",
                      "format": "ts",
                      "type": "segmented",
                      "audio_codec": "aac",
                      "audio_bitrate": 96,
                      "video_bitrate": 1200.
                      "video_codec": "h264",
                      "keyframe_rate": 0.5,
                      "max_frame_rate": 30,
                      "width": 1280,
                      "height": 720,
                      "h264_profile": "main",
                      "skip": {
                          "min_video_bitrate": 1000,
                          "min_size": "640x360"
                        }
                    },
                    ... etc
                ]

    上記のプロファイル(フラグメント)の場合、表示されているレンディションが作成されますのみソースビデオのビデオビットレートが1000kbps以上で、フレームサイズが640px x360px以上の場合。

    フィールドをスキップ

    以下は、で使用できるフィールド(条件)です。skipオブジェクト:

    フィールドをスキップ
    プロパティ タイプ 説明 デフォルト
    min_audio_bitrate 整数 ソースに必要な最小オーディオビットレート(kbps) ヌル
    max_audio_bitrate 整数 ソースに必要な最大オーディオビットレート(kbps) ヌル
    min_video_bitrate 整数 ソースに必要な最小ビデオビットレート(kbps) ヌル
    max_video_bitrate 整数 ソースに必要な最大ビデオビットレート(kbps) ヌル
    require_audio ブール値 ソースにはオーディオトラックが含まれている必要があります ヌル
    require_video ブール値 ソースにはビデオトラックが含まれている必要があります ヌル
    min_size 「widthxheight」形式の文字列(例:"400x225" ソースは少なくともこの解像度である必要があります ヌル
    max_size 「widthxheight」形式の文字列(例:"1920x1080" ソースはせいぜいこの解像度でなければなりません ヌル