サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス

条件付き出力

このトピックでは、ソースファイルが特定の条件を満たさない場合にレンディションをスキップすることにより、カスタム取り込みプロファイルで条件付き出力を作成する方法を学習します。

制限事項

レンディションをスキップする理由

レンディションをスキップするのは、取得したソースビデオの画質が大きく異なる場合に便利です。 これは、たとえば、フィールド内の電話機やその他のデバイスでキャプチャしたビデオを使用するニュース組織の場合などによく起こります。

条件付き出力がないと、ダイナミックインジェストシステムは、プロファイルで指定されたレンディションと同じ数だけ作成されます。

たとえば、次の無条件のビデオのレンディションを含むプロファイルを使用して、低品質のビデオ(820 kbpsでのビデオビットレート)を取り込むとします。

ビデオレンディション
フォーマット オーディオのビットレート ビデオビットレート
mp4 64 450
mp4 96 900
mp4 128 1700
HLS 64 450
HLS 96 700
HLS 96 900
HLS 96 1200
HLS 128 1700
HLS 128 2000

Studioでの結果のレンディションは、次のようになります。

低品質ビデオのレンディション
低品質ビデオのレンディション

最後の3つの(強調表示された)HLSレンディションはビットレートが同じで、ビットレートは次のベストHLSレンディションよりわずかに高いだけです。 また、MP4の2つのレンディションのビットレートの差は小さいことにも注意してください。 この理由は、トランスコードはソースのビットレートでは決して改善することができず、ここでのソースは平均ビットレートが800 kbpsであるため、指定されたビットレートが高いレンディションはその範囲のものになります(小さな違いセグメント化されたビデオフォーマットとセグメント化されていないビデオフォーマットの平均ビットレートが計算される方法が異なるためです)。

セット内の最後の4つのレンディションは本質的に冗長であり、「低品質」のレンディションよりも品質が改善されている場合はほとんどありませんが、作成されて保存されます。 これは、ソースが指定した品質基準に一致しない場合にレンディションが生成されないようにする条件付き出力を使用することで防止できます。

実装

URLに skip いくつかの演出に反対する。 ザ skip オブジェクトに1つまたは複数の条件が含まれていて、これらの条件が満たされない場合、レンディションは作成されません。

使用上の注意

  1. インジェストプロファイル しなければなりません 少なくとも1つのスキップ不可能なレンディションを含めます。すべてのレンディションがスキップ可能なプロファイルを作成しようとすると、エラーが発生します。
  2. すべてのコンテンツタイプに対して少なくとも1つのレンディションが作成されていることを確認する必要があります。 例えば:
    • オーディオのみのレンディションとビデオのレンディションの両方を作成する場合は、それぞれにスキップ不可能なレンディションが必要です
    • DRMを使用する場合は、そのDRMタイプ(スムース、HLS、DASHなど)で動作する各フォーマット用のスキップ不可能なレンディションが必要です

構文

のシンタックス skip レンディション仕様に追加できるオブジェクトは次のとおりです。

            "skip": {
                "condition1": "value1",
                "condition2": 1300,
                ...etc
            }

            "renditions": [
                {
                  "media_type": "video",
                  "reference_id": "ts1",
                  "format": "ts",
                  "type": "segmented",
                  "audio_codec": "aac",
                  "audio_bitrate": 96,
                  "video_bitrate": 1200.
                  "video_codec": "h264",
                  "keyframe_rate": 0.5,
                  "max_frame_rate": 30,
                  "width": 1280,
                  "height": 720,
                  "h264_profile": "main",
                  "skip": {
                      "min_video_bitrate": 1000,
                      "min_size": "640x360"
                    }
                },
                ... etc
            ]

上のプロファイル(フラグメント)に対して、表示された演奏が作成されます のみ ソースビデオが少なくとも1000 kbpsのビデオビットレートと少なくとも640px x 360pxのフレームサイズを有する場合、

フィールドをスキップする

以下では、フィールドで使用できるフィールド(条件)を示します。 skip オブジェクト:

スキップフィールド
財産 type 説明 デフォルト
min_audio_bitrate 整数 ソースが持たなければならない最小オーディオビットレート(kbps) ヌル
max_audio_bitrate 整数 ソースが持たなければならない最大オーディオビットレート(kbps) ヌル
min_video_bitrate 整数 ソースが持たなければならない最小ビデオビットレート(kbps) ヌル
max_video_bitrate 整数 ソースが持たなければならない最大ビデオビットレート(kbps) ヌル
require_audio ブール値 ソースにはオーディオトラックが含まれている必要があります ヌル
require_video ブール値 ソースにはビデオトラックが含まれている必要があります ヌル
min_size "widthxheight"という形式の文字列(例: "400x225") ソースは少なくともこの解像度でなければなりません ヌル
max_size "widthxheight"という形式の文字列(例: "1920x1080") ソースはこの解像度以下でなければなりません ヌル

ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日