サポート サポート問い合わせ先 | システムステータス システムステータス
ページ内容

    取り込みプロファイルフィールドのリファレンス

    これは、レガシー・インジェスト・システムのインジェスト・プロファイルのフィールドへの参照です。

    プロファイルフィールド

    プロパティ 種類 説明 デフォルト
    id 文字列 プロファイルID(読み取り専用) なし
    version 整数 プロファイルバージョン(読み取り専用) なし
    account_id 整数 Video Cloud アカウントID なし
    name 文字列 プロフィール名 - アカウント内で一意である必要があります なし
    description 文字列 プロフィールの説明 なし
    date_created 整数(エポックタイムスタンプ(ミリ秒) 日付プロファイルが作成されました(読み取り専用) なし
    date_last_modified 整数(エポックタイムスタンプ(ミリ秒)) 日付プロファイルが最後に変更された(読み取り専用) なし
    brightcove_standard ブール値 読み取り専用 - false すべてのカスタムプロファイル用 false
    digital_master オブジェクト デジタルマスタをアーカイブするかどうか、およびアーカイブする方法を定義します。 false
    numRenditions 整数 プロファイル内のレンディションの数(イメージのレンディションを含む)(読み取り専用) なし
    renditions 配列 レンディションオブジェクトの配列 []
    packages 配列 DRMパッケージの配列 []

    レンディションフィールド

    プロパティ 種類 説明 デフォルト
    id 文字列 レンディションID(読み取り専用) なし
    aspect_mode enum(string) ソースとターゲットの縦横比のミスマッチを処理する方法 - preserve, stretch, crop、pad - 他の値を選択した場合、 preserve幅と高さの両方を変更して、所望のアスペクト比 preserve
    audio_bitrate 整数 音声ビットレート(kbps) マッチソース
    audio_sample_rate 整数 サンプルレート(Hz) - (AAC:8000、11025、12000、16000、22050、32000、44100、48000、96000; FLV:11025、22050、および44100) マッチソース
    max_audio_sample_rate 整数 最大オーディオサンプルレート(Hz)、オーバーライド audioSampleRate (AAC:8000、11025、12000、16000、22050、32000、44100、48000、96000; FLV:11025、22050、および44100) マッチソース
    audio_constant_bitrate ブール値 CBRVP6と互換性がありません false
    audio_channels 整数 オーディオチャンネルの数(null (変更しないでください) 1 or 2) null
    audio_codec 文字列 オーディオコーデック - aac | mp3 フォーマットまたはプロファイルによって決定される
    max_aac_profile 文字列 最大aacプロフィール:aac-lc、he-aac、またはhe-aac-v2 使用することをお勧めします aac-lc レンディションのオーディオビットレートが48kbps未満の場合
    constant_bitrate ブール値 かどうか CBR 演出のために強制されるべきである なし
    crf 整数 ビットレート制御の設定を行い、一定のレート係数を設定します。 有効な値は0-51であり、値が低いほど品質が良い。[1-3] なし
    decoder_bitrate_cap 整数 kbpsで、バッファを介してデコーダに供給される最大ビットレート なし
    decoder_buffer_size 整数 kbpsでデコーダに供給されるバッファのサイズ bitrate_cap なし
    encryption_method 文字列 使用する暗号化方法、例えば aes-128[1-1] なし
    encryption_key_rotation_period 整数 このセグメントの後に新しいキーに回転して、セグメントの各セットに異なるキーを使用します[1-1] null
    fixed_keyframe_interval ブール値 シーンクエストのようなものを追加することを防ぐ keyframes false
    forced_keyframe_interval 整数 Xフレームごとにキーフレームを強制的に実行しますが、シーンカットなどにキーフレームを追加することができます なし
    forced_keyframe_rate フロート キーフレームレートを強制し、 h264 のみ、無視されるif forced_keyframe_interval 使用されている なし
    format 文字列 ビデオフォーマット - ts, mp4, flv なし
    frame_rate フロート 1秒当たりのフレーム数 ソースと同じ
    h264_reference_frames 整数 使用する参照フレームの数。 部分的に speed.[1-4] 3
    h264_profile 文字列 H.264には、一般的に使用される3つのプロファイルがあります。 Baseline (最低)、 Mainおよび High.[1-5] baseline
    h264_level フロート ビットレートとマクロブロックを制限します。[1-6] 計算された
    h264_bframes 整数 連続するBフレームの最大数(0-16)[1-7] 0
    hls_optimized_ts ブール値 HLSに最適化された時間セグメント - HLS出力にのみ適用されます なし
    keyframe_interval 整数 キーフレーム間の最大フレーム数 250、オーバーライド keyframe_rate
    keyframe_rate フロート 1秒あたりの最大キーフレーム数 keyframe_interval 250の
    label 文字列 イメージレンディションのイメージタイプ - poster or thumbnail なし
    live_stream ブール値 これがライブビデオストリームかどうか なし
    live_dvr_sliding_window_duration 整数 利用可能なストリームの継続時間 Live数秒でDVR配信 300
    max_video_bitrate 整数 kbpsで、123 = 123kbps - h264のみ なし
    max_frame_rate フロート cを制限するframe_rate それを設定するのではなく、 frame_rate なし
    max_hls_protocol_version 整数 使用するHLSプロトコルの最大バージョンを設定します。 特別機能が利用可能になります(2-5) 用3 Live ストリーミング、AES暗号化出力用の5、それ以外の場合は2
    media_type 文字列 video, audioまたは image なし
    one_pass ブール値 ワンパスエンコーディングを強制する false
    reference_id 文字列 アカウント内で固有のレンディションの識別子 - DRMに必要 なし
    segment_seconds 整数 セグメントに含めるコンテンツの秒数 10 HLSの場合、 2 DASH用
    skip オブジェクト レンディションの作成をスキップするための一連の条件が表示されます 条件付き出力 詳細については null
    skip_video ブール値 ビデオストリームを含まない - オーディオのみのレンディションに使用する false
    speed 整数 1-5 - 目標のトランスコード速度。 トランスコードの速度が遅いほど高度なファイル圧縮が可能で、高速なトランスコードはいくつかの高度な圧縮機能をスキップすることで可能です 3
    streaming_delivery_format 文字列 必要なマニフェスト、ディレクトリ構造、またはその他のパッケージングを含む、特定のストリーミング構成を使用して配信される出力のフォーマット/プロトコルを設定します なし
    streaming_delivery_profile 文字列 ストリーミング配信形式のプロファイルを設定し、プロファイルとの互換性のためにオプションが選択されていることを確認します。 通常、MPEG-DASHのレンディションに使用されます。 有効なオプションは、選択した streaming_delivery_format[1-8] live
    tuning 文字列 H264チューニング: film, animation, grain, psnr, ssim, fastdecode, zerolatency なし
    type 文字列 現在サポートされている値は segmented (HLS用) なし
    upscale ブール値 ソースがターゲットよりも小さい場合はフレームサイズを大きくする false
    video_bitrate 整数 kbpsで、123 = 123kbps なし
    video_codec 文字列 例:h264、ts フォーマットまたはプロファイルによって決定される
    watermarks[1-9] 配列 の配列 watermark オブジェクト
    width 整数 フレーム幅(ピクセル単位) なし
    height 整数 フレームの高さ(ピクセル単位) なし

    ノート

    • [1-1] 古いものの行動を再現する Video Cloud インジェストシステムは10の値を使用します。 コンテンツセキュリティ(DRMおよびHLSe) 詳細については、
    • [1-2] 高品質は高いビットレートを意味し、逆もまた高い。 可能な値:
      1. 高圧縮。 平凡な画質ですが、小さなファイル
      2. 許容できる品質
      3. 良品質。 ほとんどのWebビデオより優れています
      4. 素晴らしい品質。 見栄えが良い
      5. ほぼ無損失。 大きなファイル。 この出力を再度エンコードする予定がない場合はお勧めできません
    • [1-3] 16の下に移動する必要はありません。 16はほとんどのファイルでほぼ無損失です。 通常、24の周りはかなりよく見えます。 35の周りはかなり圧縮されているようです
    • [1-4] より多くの参照フレームは、わずかに高い圧縮品質をもたらすが、復号化の複雑さを増大させる。 実際には、5を上回ることはまれに多くの利点があります。 3は、圧縮と解読の複雑さの良い妥協点として、デフォルトではXNUMXになっています。 スピード設定で自然にこの数値を選択できるようにするには「auto」に設定します
    • [1-5] レベルが低いほどデコードが容易になりますが、レベルが高いほど圧縮率が高くなります。 たとえば、iPhone 3gsはベースラインプロファイルのみをサポートしています。 メインプロファイルとハイプロファイルは確実に圧縮が強化されており、Web再生には問題なく機能しますが、FlashのHDハイプロファイルビデオには注意してください。 Player
    • [1-6] 主にデバイスの互換性に使用されます。 たとえば、iPhoneはH.264 Level 3をサポートしています。つまり、ビデオのdecoder_bitrate_capは10,000 kbpsを超えることはできません。 通常、この設定は、必要な特定のデバイスをターゲットにしている場合にのみ変更してください。
    • [1-7] Bフレームは、ベースラインではなく、H.264 MainまたはHighプロファイルでのみサポートされます。 Bフレームを使用すると、同じビットレートで品質を向上させることができますが、CPUの要求はますます高まります。 これは古いコンピュータやデバイスでは問題になるかもしれませんが、現代のハードウェアでは一般的にスムーズに動作します。Video Cloud 最も広い互換性のためにデフォルトは0です。 圧縮/品質向上のために3の値を推奨します。 5や6よりも高い値は、めったに大きな利益をもたらさず、エンコード時間を大幅に増加させます
    • [1-8] 'ダッシュ'出力の場合、現在サポートされているプロファイルは次のとおりです。
      • live - DASHプロファイルを "urn:mpeg:dash:profile:isoff-live:2011"を使用し、単一の SegmentTemplate それぞれ AdaptationSet。 DRMの場合、8バイトIVを使用し、 PlayReady バージョン1.1を使用します。 PSSH メディアの原子
      • hbbtv_1.5 - DASHプロファイルを "urn:hbbtv:dash:profile:isoff-live:2012DRMの場合、16バイトIVを使用し、 PlayReady バージョン1.0を使用します。 PSSH 原子
    • [1-9] ウォーターマークは、レンダリングレベルで、ウォーターマークを付ける各レンディションに追加する必要があります

    デジタルマスターフィールド

    digital_master オブジェクトは、後で再トランスコーディングに使用できるデジタルマスターを保存するかどうか、および保存する方法を定義します。 見る アーカイブマスター 詳細については。

    プロパティ 種類 説明 デフォルト
    rendition 文字列 アーカイブのための演出 - どちらか passthrough 元のソースビデオまたは reference_id いずれかの レンディション プロファイルまたは none マスターをアーカイブしたくない場合は passthrough
    distribute ブール値 かどうか digital_master CDNにプッシュして再生可能にする必要があります false

    パッケージフィールド

    パッケージはDRMに使用されます。 アカウントでDRMが有効になっていない場合は、 packages 配列が空です。

    注:パッケージは、 reference_id。 パッケージを使用するには、レンディションにreference_idsが必要で、プロファイルのJSONにレンディションを定義する必要があります パッケージが定義されます。

    プロパティ 種類 説明 デフォルト
    drm 配列 DRMタイプ(MPEG-DASHのみ)[2-2] なし
    package_type 文字列 DRMパッケージタイプ[2-2] なし
    renditions 配列 文字列の配列。各文字列は reference_id プロフィールの演出のために[2-3] []

    ノート

    • [2-1] 現在サポートされている drm 配列は marlin, playreadyおよび widevine
    • [2-2] 見る コンテンツセキュリティ(DRMおよびHLSe) 詳細については
    • [2-3] プロファイルのレンディションは、パッケージの前にJSONで定義する必要があるため、reference_idsが存在することに注意してください

    透かしフィールド

    透かし画像は、右下の各ビデオフレームに焼き付けられます。

    透かしサンプル
    プロパティ 種類 説明 デフォルト
    url 文字列 画像のURL なし
    width 文字列[3-2] ウォーターマークの幅、またはフレーム幅のパーセンテージ - たとえば 20%[3-1] なし
    height 文字列[3-2] 透かしの高さをピクセルまたはフレームの高さのパーセンテージ - たとえば 10%[3-1] なし
    x 文字列[3-2] ビデオフレームの左端からウォーターマークの中心までの距離をピクセルまたはフレーム幅のパーセンテージ なし
    y 文字列[3-2] ビデオフレームの上端から透かしの中心までの距離またはピクセルまたはフレーム幅の割合 なし

    ノート

    • [3-1] 幅のみを指定すると、画像のアスペクト比は自動的に維持されます
    • [3-2] しかし width, height, xおよび y フィールドは文字列値で、数値(ピクセルまたはパーセント)を含みます。 整数でなければなりません - "5.2%"のような10進値は拒否されます。

    ページの最終更新日:12年2020月XNUMX日